@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

掛金【カケガネ】

デジタル大辞泉

かけ‐がね【掛(け)金】
戸やなどに取り付け、もう一方金具に掛けて開かないようにする金具。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かけ‐きん【掛(け)金】
日掛け月掛けなどで定期的に積み立てたり、支払ったりする金。「保険の掛け金を払う」
掛け売り代金。掛け代金。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かけ‐がね【掛金】
〘名〙
① 戸や障子などに付けて置き鎖した時、もう一方の金物の穴に掛けて、締りとする鐶(かん)または鉤(かぎ)。かきがね。
※枕(10C終)八「北の障子に、かけがねもなかりけるを」
② 顎(あご)の骨の顳顬(こめかみ)につながる部分。
※日葡辞書(1603‐04)「Caqegane(カケガネ)〈訳〉顎の継ぎ目。関節」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かけ‐きん【掛金】
〘名〙
① 代金を一定期間後に支払う約束で売買した品の代金。掛代金。掛銀。
※浮世草子・万の文反古(1696)一「先先の掛金あつめ」
② 日掛け月掛けのように定期的に支払ったり積み立てたりしてゆく金銭。掛銭。掛銀。
※随筆・松屋筆記(1818‐45頃)六七「取抜無尽といふは、鬮(くじ)に当て金を収たるもの跡の懸金を出さざる也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掛金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation