@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

掛(け)/懸(け)【カケ】

デジタル大辞泉

かけ【掛(け)/懸(け)】
[名]
売り値に対する卸値。また、本来の値段に対する、値引きして売る値段の割合。
掛け売り」「掛け買い」の略。「―で買う」
売掛金」「買掛金」の略。「―がたまる」
掛け蕎麦(そば)」「掛け饂飩(うどん)」の略。
打ち掛け」の略。
「黒塗りの箪笥(たんす)から―を出して女に着せた」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス
掛け布団(ぶとん)」の略。
相撲で、足を相手の足に掛けて倒す技の総称。内掛け・外掛けなど。
女帯の、締めはじめるほうの端。
名詞について、かけること。また、かけるもの。「洋服―」
10 言葉に掛けて言うこと。
「児(こ)らが名に―のよろしき朝妻の片山崖(ぎし)に霞たなびく」〈・一八一八〉
11 掛け緒。
「折烏帽子に―して」〈義経記・二〉
[接尾]
動詞の連用形に付く。
㋐動作が途中である意を表す。「読み―」「食べ―」「吸い―」
㋑その動作が起ころうとする直前の状態であることを表す。「つぶれ―」
㋒その動作のついでである意を表す。「帰り―」
助数詞。
㋐一人で担ぐ程度の物を数えるのに用いる。
「衣櫃(きぬびつ)二―にてあるを」〈・松風〉
㋑細長いものを数えるのに用いる。
「中御門御亭へ馬手綱、二―、弁に一―」〈言継卿記
㋒掛け鯛を数えるのに用いる。
「親仁には、角樽一荷に塩鯛一―、銀一枚」〈浮・永代蔵・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がけ【掛(け)/懸(け)】
[接尾]
名詞に付く。
㋐それを身につけている意を表す。「たすき―」「ゆかた―」
㋑(「心」あるいはそれに類する語に付いて)心の中にいつもあることを抱いている意を表す。「心―」「思い―ない」
㋒それを賭けることを表す。「命―」

㋐人数を表す語に付いて、その人数だけ腰かけられることを表す。「三人―の椅子」
㋑漢語の数詞に付いて、その数の割合であることを表す。「定価の八―で卸す」
㋒和語の数詞に付いて、その数だけの倍数であることを表す。「その五つ―」
動詞の連用形に付いて、その動作の途中、その動作のついで、の意を表す。「帰り―」「行き―の駄賃

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛(け)/懸(け)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掛(け)/懸(け)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation