@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

探鉱【たんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

探鉱
たんこう
exploration; prospecting
鉱山,炭田油田などの開発のため行われるもので,鉱床の発見とその状態の探査を目的としている。鉱床地質調査,トレンチング,試錐探鉱および探鉱坑道による方法,あるいは地化学探鉱物理探鉱 (→物理探査 ) などがあり,ときにはこれらを組合せて用いることもある。近年,多方面で広く利用されるようになったのが物理探鉱で,これは密度,弾性,熱伝導率,磁力透過度,電気伝導率,放射能など各鉱物,岩石に固有の物理的性質を応用する探鉱法である。これには,重力探鉱地震探鉱地熱探鉱磁気探鉱電気探鉱,放射能探鉱などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん‐こう〔‐クワウ〕【探鉱】
金属・非金属鉱床石炭層・石油鉱床を探り、その位置・形・品位埋蔵量などを調査すること。通常の地質調査のほか、磁気・電気・重力地震波などを利用する物理探査が行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんこう【探鉱 exploration】
金属,石炭,石油などの鉱床の存在を調べ評価すること。同義に使われることもある〈探査〉はより広義である。探鉱法には,地質学的調査のほか,物理探査や,岩石,土壌,地下水等の化学分析による地球化学的方法などがある。対象とする鉱床の種類や立地条件によって適切な方法を組み合わせて用いる。得られたデータはそれぞれの方法に独自な手法で解析されて平面図断面図等が作られ,地質学的データとともに総合的な解釈で鉱床の有無規模等が推定される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

探鉱
たんこう

金属鉱床、石炭・石油層などを発見し、性質、規模を調べること。最近ではより広義の探査という語が用いられる。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐こう ‥クヮウ【探鉱】
〘名〙 各種金属・非金属鉱床や石炭層・石油層などを発見したり、その形や質を明らかにすること。露頭をしらべたり試掘をしたりするなどの通常の地質学的方法のほかに、磁力・重力・電気・弾性波などを利用する物理学的探鉱法がある。
※風俗画報‐二三四号(1901)鉱脈「鉱脈は其の露頭及び探鉱等によりて、既に発見したるもののみにても」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

探鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

探鉱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation