@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

接点【せってん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

接点
せってん
contact point
電流回路のスイッチ作用を行うために接触により電流を通じる部分。接触面での接触抵抗を小さくし,寿命を長くするために特殊な材料を用いてつくることが多い。特に電流の遮断により接点間に高い電圧がかかるような場合には遮断時にアーク放電による接点の損傷を生じやすいので,タングステンやその合金が用いられる。また接触抵抗を小さくするためにや金,パラディウムなどの貴金属合金が用いられることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっ‐てん【接点/切点】
曲線または曲面と直線などが接する点。
電気回路で、接触させて電流を通じさせる部分。また、そのための部品。
異なる物事がふれあう点。また、一致する点。「東西文明の―」「互いの主張の―をさぐる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せってん【接点】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

接点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation