@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

接眼レンズ【せつがんレンズ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

接眼レンズ
せつがんレンズ
eye-piece; ocular
望遠鏡,双眼鏡顕微鏡などにおいて,観測者の眼に接して,対物レンズなどによる像を拡大観察する光学レンズ系。ラムスデン,ハイゲンス,ケルナー,オルソスコピック,広視界型などがある。通常の顕微鏡用は大筒用と細筒用があり,各国共通に交換使用できる。用途により十字線,目盛り入りなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せつがん‐レンズ【接眼レンズ】
望遠鏡・顕微鏡などで、目に接するにあるレンズ。対物レンズで生じた実像を、さらに拡大した虚像にする。接眼鏡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せつがんれんず【接眼レンズ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

接眼レンズ
せつがんれんず

望遠鏡、顕微鏡などの肉眼で使用する光学器械において、肉眼に近い側に置かれる光学系。接眼鏡ともいう。対物レンズによって光線束の開口角または口径を小さくしたあとで、倍率をあげる働きをする。普通2枚の凸レンズからなる色消しレンズになっている。有名なものにホイヘンス接眼鏡とラムスデン接眼鏡とがある。2枚のレンズのうち対物レンズの側にあるものを視野レンズという。像の形成には大きな作用をしないが、対物レンズによって生じた像の近くに置き、光線束の光軸に対する広がりの角を小さくし、後側の対眼レンズに入るのを容易にする。この作用により、前側のレンズのない場合に比べ視野を広くする効果があるので、視野レンズといわれる。

 接眼レンズ全体としての作用は、前側焦点の近くにある対物レンズによる実像を拡大して、無限遠または明視の距離において観察させる。接眼レンズの倍率は、接眼レンズの焦点距離をfeミリメートルとすると、250/feで与えられる。

[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せつがん‐レンズ【接眼レンズ】
〘名〙 (レンズはlens) 光学器械の、眼でのぞく側に装置されるレンズ。対物レンズで作られた像をさらに拡大する働きをもつ。接眼鏡。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接眼レンズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接眼レンズの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation