@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

接見交通権【セッケンコウツウケン】

デジタル大辞泉

せっけん‐こうつうけん〔‐カウツウケン〕【接見交通権】
身体の拘束を受けている被告人被疑者が、外部の人と面会し、書類や物の受け渡しをする権利。特に、弁護人または弁護人になろうとする人との接見は、立会人を置かずに接見すること(秘密交通権)が認められている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

接見交通権
身柄を拘束された被告や容疑者が、外部の人と接触したり、書類や物品授受したりする権利。刑事訴訟法は、弁護人や弁護人になろうとする人とは、警察官検察官の立会人なしで接見する権利(秘密交通権)を保障している。ただし、検察官が捜査のため必要と判断した場合は、接見の日時や場所を制限できる。
(2011-07-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

大辞林 第三版

せっけんこうつうけん【接見交通権】
弁護人または弁護人となろうとする者が、立会人なしで被疑者と接見しうる権利。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

接見交通権
せっけんこうつうけん
拘禁されている被疑者・被告人が、弁護人など外部の者と面会し、書類または物の授受をする権利(刑事訴訟法39条、80条)。とくに、弁護人または弁護人となろうとする者との接見は、当事者としての防御・公判準備活動を保障するために日本国憲法が認めている弁護人依頼権(憲法34条)の具体化であり、立会人なしの接見が認められている。それゆえ、この権利を秘密交通権ともいう。ただし、被疑者の場合には、法令で逃亡、罪証隠滅または戒護に支障のある物の授受を防ぐために必要な措置をすることができる(刑事訴訟法39条2項)ほか、捜査機関が、捜査のために必要なときは、接見、授受についてその日時、場所、時間を指定できる(同法39条3項)。そのため、きわめて短時間の接見しか認めない運用が一般化しており、強い批判がある。
 拘禁されている被疑者・被告人は、弁護人または弁護人となろうとする者以外の者とも接見交通できる(同法80条、207条1項)が、勾留中(こうりゅうちゅう)の被疑者・被告人が逃亡しまたは罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるときは、裁判所は接見を禁じ、授受すべき書類その他の物を検閲し、糧食以外の物は授受を禁止しまたは差し押さえることができる(同法81条・207条1項)。[大出良知]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっけんこうつう‐けん ‥カウツウ‥【接見交通権】
〘名〙 弁護人または弁護人となろうとする者が、立会人なしに身体を拘束されている被疑者・被告人と面会して、書類や物の受渡しをすることができる権利。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接見交通権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接見交通権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation