@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

接触分解【セッショクブンカイ】

デジタル大辞泉

せっしょく‐ぶんかい【接触分解】
軽油重油を、触媒を用いて加熱分解し、高オクタン価ガソリンを製造すること。クラッキング

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっしょくぶんかい【接触分解 catalytic cracking】
石油の重質留分を触媒を用いて分解し,高オクタン価ガソリンを増産するプロセスをいう。接触分解法原理は,1923年にフランスのウドリーE.J.Houdryによって発見された。すなわち,彼は天然産の白土を硫酸アルカリを用いて活性化した触媒(活性白土)上に加熱した石油系重質油を通ずると分解反応がおこり,ガソリンが得られることを見いだした。このガソリンは当時広く工業的に実施されていた熱分解法のガソリンよりも,臭気が少なく,安定性がすぐれ,オクタン価も高いなどの利点が認められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せっしょく‐ぶんかい【接触分解】
〘名〙 石油の灯軽油留分を合成シリカ、アルミナ、ゼオライトなどを触媒として熱分解し、高オクタン価のガソリンを製造することをいう。熱分解にくらべ、安定していてオクタン価の高いものが得られ、収率もよい。接触クラッキング。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

接触分解
セッショクブンカイ
catalytic cracking

広義には,一般に触媒を用いる分解反応をいうが,狭義には,石油の重質留分をゼオライトなどの固体酸触媒を用いてクラッキングし,高オクタン価ガソリンを製造する反応および操作をいう.通常の熱分解はラジカル反応であるのに対し,接触分解はカルベニウムイオン反応で,生成物は分枝アルカン,分枝アルケンに富み,また芳香族炭化水素も比較的多い.このため,熱分解法に比べてはるかに生成ガソリンのオクタン価が高く,一般に接触分解ガソリンのオクタン価は90以上である.工業的操作としては,常圧気相で約500 ℃ 前後で行われ,粉末状の流動触媒を用いる流動層式と,粒状触媒を用いる移動層式とがある.流動層式が主力で,わが国では各種の流動層方式が採用されている.触媒としては,従来,シリカ-アルミナ触媒が主体であったが,現在ではゼオライト触媒が用いられ,後者のほうがガソリン収率が高く,ガス化損失が少ない.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接触分解」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接触分解の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation