@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

接触式硫酸製造法【セッショクシキリュウサンセイゾウホウ】

化学辞典 第2版

接触式硫酸製造法
セッショクシキリュウサンセイゾウホウ
contact process for manufacture of sulfuric acid

五酸化バナジウム系触媒を用い,二酸化硫黄を気相接触酸化して無水硫酸をつくり,これを循環酸(94~96% H2SO4)に吸収させて98% 硫酸を製造する方式.

上式の平衡定数 Kp の温度変化の関数式には,log Kp(松井式)などがあり,その値は温度とともに減少する.したがって,低温ほど転化率は高いが,反応速度の点から400~600 ℃ で触媒反応を行っている.SO27%,O214% の平衡転化率は,400 ℃ では98% 以上,550 ℃ では90% 以上,600 ℃ では80% 以下である.触媒は初期には白金,酸化鉄であったが,現在はおもに五酸化バナジウム系触媒である.バナジウム触媒はV2O5と助触媒(主としてアルカリ金属化合物)とをケイ酸質の担体に保持させたもので,助触媒の量はK2SO4の場合

V2O5:K2SO4 = 1:1~3(モル比)
で,全組成はV2O57%,K2O5~14%,SiO260~80% 程度である.触媒量は9~20 m3/100% H2SO4100 t d-1.転化率96~98%,ガス空間速度は触媒1 m3 当たり625~720 m3 h-1 が普通である.触媒の耐用年数は10年以上で,耐熱,耐毒性が大きい.接触式の行程では,硫化鉱ばい焼からダストコットレルまでは硝酸式と同じであるが,触媒活性を守るため,さらにガスの湿式精製を厳密に行う.製造方式として納メ式,旧モンサント式,ルルギ式,ケミコ式,チーレン式などがあり,触媒の大きさ,所要量,充填法,熱交換器など装置全般にわたり似ている点が多いが,転化器の構造にそれぞれ特色がある.[別用語参照]硝酸式硫酸製造法

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっしょくしき‐りゅうさんせいぞうほう〔‐リウサンセイザウハフ〕【接触式硫酸製造法】
接触法の正式名称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接触式硫酸製造法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接触式硫酸製造法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation