@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

推敲【スイコウ】

デジタル大辞泉

すい‐こう〔‐カウ〕【推×敲】
[名](スル)《唐の詩人賈島(かとう)が、「僧は推す月下の門」という自作の詩句について、「推す」を「(たた)く」とすべきかどうか思い迷ったすえ、韓愈(かんゆ)に問うて、「敲」の字に改めたという故事から》詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと。「推敲を重ねる」「何度も推敲する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいこう【推敲】
スル
唐代の詩人賈島かとうが、僧は推す月下の門推(おす)敲(たたく)にしようかと迷って、韓愈の助言でにきめたという唐詩紀事賈島にある故事から
詩文を作るとき、最適の字句や表現を求めて考え練り上げること。 -を重ねる 原稿を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐こう ‥カウ【推敲】
〘名〙 (「苕渓漁隠叢話」の「緗素雑記曰、賈島於京師驢得句。鳥宿池辺樹、僧敲月下門。始欲推字。又欲敲字、錬之未定。〈略〉引手作敲推勢。時韓愈吏部権京兆。島不覚衝至第三節、左右擁至尹前。島具対得。詩句云云。韓立馬良久謂島曰、作敲字佳矣。遂与並轡而帰」による語。唐の詩人賈島が「僧推月下門」の句を作ったが、「推(おす)」を「敲(たたく)」に改めた方がよいかどうかに苦慮して、韓愈に問い「敲」に決したという故事から) 詩や文章を作るにあたって、その字句や表現をよく練ったり練り直したりすること。
※鈍鉄集(1331頃)春事「毎春事心先動。句裏推敲吟未休」
※荊口宛芭蕉書簡‐元祿六年(1693)四月二九日「ふたつの作いづれにやと推稿難定処」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

推敲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

推敲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation