@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

推計学【スイケイガク】

デジタル大辞泉

すいけい‐がく【推計学】
数理統計学の一分野。統計調査で、確率論を基礎にし、母集団から任意抽出した標本によって母集団の状態を推測する統計理論。推測統計学推計統計学。→記述統計学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいけいがく【推計学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいけいがく【推計学】
全体を調査する代わりにその中から標本を選び出して全体の性質を推測しようとするとき、標本の選び方・標本の必要個数・結果の信頼度などを数学的に研究する学問。推測統計学。 → 統計学

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいけい‐がく【推計学】
〘名〙 未知の集団(母集団)から抽出された見本(標本)に関する知識をもとにして、母集団に関する各種の数値を推測しようとする学問。社会調査、品質管理などに広く応用されている。推測統計学。数理統計学。〔推計学の話(1949)〕
※西堀南極越冬隊長(1957)〈桑原武夫〉「推計学をふまえた品質管理において、彼は日本の工学界に大きな実際的貢献をしている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

推計学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

推計学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation