@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

掻爬【そうは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

掻爬
そうは
curettage
一般的には診断あるいは治療のために,鋭い匙状のキューレットで組織の採取,破壊,あるいは除去を行うこと。人工妊娠中絶を意味することもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐は〔サウ‐〕【××爬】
[名](スル)治療や診断のため、子宮内膜をかきとること。また、人工妊娠中絶のため、子宮内の胎児を体外に出す手術

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

掻爬
そうは

産婦人科領域でもっとも多く行われている手術の術式で、子宮内膜掻爬と子宮内膜組織診がある。両者はまったく同じ術式であるが、子宮内膜掻爬は治療の、子宮内膜組織診は診断の目的で行われる。

 女性の生理現象である月経は、子宮内膜の剥離(はくり)と増殖を周期的に繰り返すわけで、これによっても子宮内膜がほかの臓器粘膜に比べて強い再生能をもっていることがわかる。掻爬はこの強い再生能を利用して行われる術式である。

[新井正夫]

子宮内膜掻爬

子宮腔(くう)内の清掃と月経周期の再現性を基本目的とする手術で、子宮腔からの異常出血を適応としている。ただし、子宮内膜癌(がん)や絨毛(じゅうもう)癌など悪性内膜疾患、粘膜下筋腫(きんしゅ)や筋腫ポリープなど子宮壁内に腫瘍(しゅよう)がある場合、子宮に炎症性変化が認められる場合には、掻爬によって疾患が悪化したり大量出血をおこすことがあるので、とくに慎重に行う必要がある。

 なお、人工妊娠中絶術として行われる子宮内容掻爬は俗に掻爬とよばれているが、子宮内膜掻爬とはまったく別の術式である。

[新井正夫]

子宮内膜組織診

子宮内膜の病変を病理組織学的に調べるため、日常的に行われている検査の一つである。内診で骨盤臓器に異常が認められないのに子宮出血がある場合、器質的疾患とは別に内膜の悪性変化が子宮出血の原因と推定される場合、子宮内膜機能に異常が認められる場合などに行われる。また、治療目的で行った子宮内膜掻爬の術後にも、子宮内容の組織検査を行うことが望まれる。

[新井正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐は サウ‥【掻爬】
〘名〙
① かゆいところなどを手でかくこと。〔広益熟字典(1874)〕
② からだの病的組織などをかきとること。特に、掻爬手術による妊娠中絶の俗称。
※海と毒薬(1957)〈遠藤周作〉二「子宮ゾンデを使って、自分の手で胎児を掻爬(ソウハ)したのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掻爬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掻爬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation