@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

提督【ていとく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

提督
ていとく
ti-du; t`i-tu
中国,明・清時代の官僚の職名。提督を冠する職名は明の提督東廠,清の提督学政 (各省の科挙を司る) ,提督会同四訳館 (朝貢使の接待と通訳にあたる) などがあるが,最も広く用いられるのは明代の京営を総轄する提督総兵官,清代の緑旗兵 (→緑営 ) を総轄する各省に設けられた水師陸路提督であり,武官の高位の官職である。明代では定員もなく常置の官ではなかったが,清代では八旗に対して漢人を編成した緑旗兵を統率する各省の長官として提督が常置された。 18省のうち,山東山西河南安徽,江西の各省は巡撫が兼管したが,提督は3~5営に分れた緑旗兵 (提標という) を統率し,同時に省内に分駐する総兵官,副将を指揮して1省の緑旗軍政を司った。なお,一般には,艦隊の最高指揮官または海軍将官をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てい‐とく【提督】
[名](スル)
艦隊の司令官。海軍の将官。「提督ペリーの来航」
中国、朝の武官名。各省の軍営を統率した長官。また、水師の長官。
全体を取り締まり指揮すること。
「テクレオブリュダス王は、十二万人を―し」〈竜渓経国美談

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていとく【提督】
艦隊の総司令官。また、海軍の将官。
中国の官名。武官の最高位。清代では総督の下で一省の軍政をつかさどり、緑営を指揮した。提督軍務総兵官。
全体を統括しとりしまること。 雷王は十二万人を-し/経国美談 竜渓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐とく【提督】
〘名〙
① (━する) 全体を統轄して取り締まること。また、その人。〔新令字解(1868)〕
② 艦隊の司令官。海軍の将官。
※幕末御触書集成‐一〇一・安政元年(1854)五月二八日「東印度、唐国、日本海出張之合衆国水師提督 ペルリ」
③ 明治四年(一八七一)八月に置かれた海軍提督府(後の鎮守府)の長官。中・少将を補した。
※兵部省第五七‐明治四年(1871)七月「海軍提督府 要港を撰ひ府となし沿海管下湾港の兵備を分轄す 提督各一人 少将以上」
④ 中国の官名。武官の最高位をいう。明代では巡撫・総兵が兼ね、清代では一省の軍政をつかさどり、総督・巡撫とならぶ地方官。〔明史‐職官志五・京営〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

提督」の用語解説はコトバンクが提供しています。

提督の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation