@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

揖斐川【いびがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

揖斐川
いびがわ
岐阜県の西部を流れる川。全長 114km。両白山地南部の岐阜・福井県境の高倉峠付近に源を発し,粕川,根尾川,牧田川などの支流を合せて伊勢湾に注ぐ。両白山地では峡谷をなして流れ,揖斐峡などの景勝地をつくる。揖斐川町付近で濃尾平野に出て扇状地を形成し,大垣市付近から低平な三角州地帯を流れ,輪中地域となる。上流部の山地は年間 3000mm以上の多雨地で水量が多く,灌漑,発電に利用されるが,梅雨期,台風期には,しばしば集中豪雨によって水害を受けたため,下流部では堤防で町を囲む輪中が発達した。揖斐川の石は庭石,盆栽石用に利用されることで有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いび‐がわ〔‐がは〕【揖斐川】
福井・岐阜県境の冠山(かんむりやま)付近に源を発して岐阜県西部を南流し、下流で長良川と並んで伊勢湾に注ぐ川。長さ121キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いびがわ【揖斐川】
岐阜県の西部を南流して伊勢湾に注ぐ川。幹川流路延長121km,全流域面積1840km2。福井県境の冠山(1267m)に発して峡谷となって流下し,揖斐川町で濃尾平野に出る。平野では緩やかな扇状地を展開し,東海道本線鉄橋付近より下流で低湿な三角州地帯を形成する。扇状地帯では粕川,藪川,三角州地帯で牧田川,津屋川,大江川などの支流を合流し,千本松原から長良川と背割堤を隔てて流れた後に合流する。上流山地は発電に利用されて横山ダム(1964完成)などのダム湖となり,徳山ダム(湛水面積は日本一の13km2)の建設(2002年竣工予定)が進められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いびがわ【揖斐川】
岐阜・福井両県境の山地に源を発し、岐阜県西部をほぼ南流して伊勢湾に注ぐ川。長さ114キロメートル。下流は輪中わじゆう地域。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔岐阜県〕揖斐川(いびがわ)

岐阜県南西部から三重県北東部を流れる川。両白(りょうはく)山地南西部の高倉(こうくら)峠に源を発し、南流して濃尾(のうび)平野西部を南流、三重県桑名(くわな)市で長良(ながら)川を合わせて伊勢(いせ)湾に注ぐ。1級河川(木曽(きそ)川水系)。延長121km。下流の濃尾平野は輪中(わじゅう)が発達する低湿地で、洪水の常襲地帯。上流に多目的ダムの横山(よこやま)ダムが1964年(昭和39)に完成。10km上流に総貯水容量6億6000万m3の日本最大規模の多目的ダムの徳山(とくやま)ダムが計画され、徳山村廃村問題や水需要予測適否などをめぐって賛否が錯綜し議論を呼んだが、2008年(平成20)に完成した。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

揖斐川
いびがわ
中部地方、木曽(きそ)川、長良(ながら)川とともに、下流に濃尾平野(のうびへいや)をつくる、いわゆる木曽三川の一つ。延長121キロメートル、流域面積1840平方キロメートル。岐阜県揖斐郡揖斐川町の徳山谷に源を発し、年降水量3000ミリメートル以上の越美(えつみ)山地に深い峡谷をうがって流れ、揖斐峡をなし、濃尾平野に出る。さらに、支流の粕(かす)川、根尾(ねお)川(藪(やぶ)川)、牧田川などをあわせながら、西濃の最低部を南流し、河口で長良川と合流、桑名市の東を過ぎて、伊勢湾(いせわん)に注ぐ。揖斐川は、濃尾平野の北西部では、粕川、根尾川などと扇状地をつくり、古くから稲作農業の発達をみた。その下流では自然堤防、三角州を発達させているが、長い間低湿かつ水害の危険性の絶えない輪中(わじゅう)地域であった。1755年(宝暦5)以後とくに明治中期から木曽、長良との三川分流、河川改修、土地改良などの事業により、災害の克服が図られ、輪中は大きく変貌(へんぼう)している。一方、上流では発電利用だけでなく、洪水調節などの多目的利用を目的とした横山ダム(揖斐川町)が1964年(昭和39)に、さらに上流でも2008年(平成20)大規模な徳山ダムが完成した。なお、揖斐峡付近は揖斐関ヶ原養老国定公園の一部。[上島正徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いび‐がわ ‥がは【揖斐川】
岐阜県南西部を流れる川。岐阜、福井県境付近に源を発し、下流で長良川と合流して伊勢湾に注ぐ。全長一〇七キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揖斐川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

揖斐川の関連情報

関連キーワード

オウロ・プレト桂川桂川ゴールズワージー浜名湖ホワンプー(黄浦)江

他サービスで検索

「揖斐川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation