@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

揚拍子【あげびょうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

揚拍子
あげびょうし
雅楽の理論用語。高麗楽 (こまがく) において,三の鼓によって示されるリズムパターンの一つで,1小拍子 (こびょうし) を4拍に細分し,そのような小拍子2個を一連単位とする拍子型。現行曲では,『納曾利 (なそり) 』の曲のの部分に使われ,急の部分の「唐 (から) 拍子 (からひょうし) 」に対する。他の高麗楽の破の部分は,原則として「四 (よ) 拍子」。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あげびょうし【揚拍子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あげ‐びょうし ‥ビャウシ【揚拍子】
〘名〙 神楽、東遊(あずまあそび)、久米舞(くめまい)などで、少しテンポを速め、拍子にはめて奏すること。また、その部分。この部分には舞が演じられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揚拍子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

揚拍子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation