@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

握り鮨【にぎりずし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

握り鮨
にぎりずし
鮨の一種。江戸時代の末期両国花屋与兵衛酢飯を使って考案したもの。最初は鮮魚介類を用いず,卵焼とでんぶ (おぼろ) が主であった。今日の江戸前鮨のようになったのは明治以降と思われる。大正時代くらいまでは屋台で供することが多かった。生,あるいは調理した魚介を用い,辛みとしてはほとんどにわさびを添えるのが特徴である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にぎり‐ずし【握り×鮨】
魚や貝などの種(たね)を、小さく握り固めた鮨飯にのせた。江戸前鮨。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

にぎりずし【握り鮨】
すし飯を一口大に握り、魚介類や厚焼き卵などのすしだねをのせたすし。◇「にぎり」と略す。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にぎりずし【握り鮨】
一口ほどに握った酢飯に新鮮な魚介などの種たねをのせた鮨。ワサビをきかせ、醬油をつけて食べる。江戸前鮨。にぎり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

握り鮨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

握り鮨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation