@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

損害【ソンガイ】

デジタル大辞泉

そん‐がい【損害】
[名](スル)そこない、傷つけること。利益を失わせることや、失うこと。また、事故などで受けた不利益。損失。「取引で損害をこうむる」
「吾人の安全幸福を―するは必然なり」〈植木枝盛・天賦人権辨〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そんがい【損害】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そんがい【損害】
スル
事故や災害により受ける金銭・物質上の不利益。広義では人間の死傷をも含む。 -をこうむる
物をそこなうこと。 大雷風雨引続き…麻野菜物等を-せる由/新聞雑誌 44

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そん‐がい【損害】
〘名〙
① そこなうこと。傷つけること。また、そこなわれ、きずつくこと。損傷。
※将門記(940頃か)「郡中に稼稷(かしょく)人馬共に損害せられぬ」
② 利益を失うことや失わせること。また、失われた利益。事故や災害などで、物がこわれたりなくなったりして受けた金銭上の損失。〔英和記簿法字類(1878)〕
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「『昨日足を折った馬はどうしたね』『〈略〉殺して埋めちまはう』〈略〉『えらい損害(ソンガイ)だね』」 〔春秋左伝注‐昭公元年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

損害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation