@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

摩耗【マモウ】

デジタル大辞泉

ま‐もう【摩耗/磨耗】
[名](スル)かたい材質の物が、すりへること。特に、機械の部品や道具にいう。「―した車軸を交換する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まもう【摩耗 wear】
摩擦面に生ずる損傷には,焼付き,摩耗,ころがり疲れなどがある。摩耗は,摩擦に伴って固体の表面が少しずつ減っていく現象として特徴づけられ,摩耗粉と呼ばれる細かな粒子を生ずるのがふつうである。摩耗が起こると摩擦面の形状寸法が変化し,機械部品の性能を低下させ,機械の使用寿命を限定することになる。
[摩耗の種類]
 摩耗はその機構によって,次の三つに大別される。(1)アブレシブ摩耗 摩擦面の一方が岩やなどのように硬い物質である場合や,摩擦面間に硬い粒子が入りこんだ場合に生ずる微小な切削作用による摩耗。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

摩耗
マモウ
abrasion, wear

材料とほかの物質との摩擦によって,材料表面が損傷したり,すり減ること.しかし,正確には,固体間のすべりによって生じる場合の摩耗(wear),紙やすりやと石などの研磨粒子や酸化金属粉末,そのほか摩耗粉末,砂などによる摩砕(abrasion),および液体の作用による浸食(erosion)の三つに分類される.浸食は区別しやすいが,前二者はほとんど同じ語として用いられている.摩耗性の評価を紙やすりなど研磨粒子を用いた試験機で測定するのが大部分であり,また,その結果が実際の現象とよく合うために,摩耗をアブレージョンということが多い.ゴムタイヤの摩耗は大部分が摩擦熱による温度上昇によって支配され,プラスチックの摩耗はその温度によって大きく影響される.摩耗試験において,ある荷重の領域では,接触面積Aと荷重Wの関係は,

AWn
となり,これは摩擦係数μと関連し,

μ ∝ Wn-1
となる.ゴム,プラスチックではn = 2/3となること,およびそれらの接触は弾性的であることが知られている.繊維の摩耗においては,n = 0.72および0.9という値が得られている.ゴム,プラスチック,合成繊維を含めた高分子材料の摩擦的挙動は,金属に比べて次の3点で異なる.第一は,高分子材料の摩擦係数μは荷重に依存し,荷重の増加でμが減少する.第二は,高分子材料の摩擦は表面粗さに影響され,粗さの増加によって摩擦力が減少する.第三は,見掛けの接触面積に依存する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩耗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摩耗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation