@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

摺箔【すりはく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

摺箔
すりはく
染織品の装飾技法一種型紙を用いて裂地 (きれじ) の上にまたは (にかわ) を置き,上から金箔をこすりつけて模様をつくったもの。桃山時代から江戸時代初期にかけて小袖能装束類に盛んに応用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すり‐はく【××箔】
布帛(ふはく)に糊(のり)やにかわなどで模様を描き、金箔・銀箔を押しつけたもの。
装束の一。白または浅葱(あさぎ)無地平絹に金銀箔で模様をすり出したもの。女役の着付けに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すりはく【摺箔】
布の装飾技術の一つ。また能装束の一種。文様を彫り透かした型紙を用いて,生地に接着剤を摺(す)り,その上に金もしくは銀箔を捺(お)す。乾燥の後,余分の箔を払い去ると箔による文様があらわれる。また生地の全体に金銀箔を捺し詰める場合も摺箔とよぶ。箔を置くことは平安時代から行われたと考えられ,《栄華物語》にも唐衣(からぎぬ)や(も)などに箔を置いたことがみえる。しかしこの技法が最も効果的に服飾品に用いられたのは16世紀のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

摺箔
すりはく

裂地(きれじ)へ金銀箔を接着させて模様を表すこと。金銀粉を接着剤に混ぜて筆書きする金泥絵や、金銀箔を細く切ったものを貼(は)り付ける切金(きりかね)などに対して摺箔という。その技法は、紙に文様を切り透かした型紙を用い、これに接着用の媒剤(通常姫糊(ひめのり))を施し、これの乾かぬうちに箔をのせて柔らかい綿などで軽く押さえ、そのまま乾燥させたのち、刷毛(はけ)で余分の箔を払い落とす。ただ一般に摺箔は、これだけ単独に用いることは少なく、刺しゅう、友禅染めなどと併用して部分的に使われることが多い。縫箔などという名称のあるのはそのためである。

 箔だけで模様を置いたものに能装束の摺箔がある。これは能の女役が着付に用いる装束で、このために能では摺箔ということばがこの装束の名称になっている。とくに『道成寺(どうじょうじ)』や『葵上(あおいのうえ)』などに用いられる三角つなぎを摺った鱗(うろこ)箔は、女の執念が蛇体(じゃたい)の鬼と化した姿を象徴する装束として知られる。

[山辺知行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すり‐はく【摺箔】
〘名〙
① 金銀の箔をすりつけること。布などに接着用の糊を施し、その上に金銀箔をのせて軽く押え、かわいてから刷毛(はけ)で余分の箔をはらって模様をつける。また、そのもの。
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「御装束は肌にはすずしの御あはせ、上にはすりはくの御小袖、紅梅の縫物の御袴、ふみくくみ」
② 能装束の一つ。白地または水浅黄の平絹に金箔や銀箔で模様を摺りこんだ装束。多く女装の着付(きつけ)に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摺箔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摺箔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation