@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

撞木・鐘木【しゅもく】

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐もく【撞木・鐘木】
〘名〙
① 仏具の一種。鐘、鉦(たたきがね)などを打ち鳴らす丁字形の棒。かねたたき。また、釣鐘をつく棒。しもく。〔黒本本節用集(室町)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「その坊さまに撞木(シュモク)斗もたせて」 〔文献通考‐楽考〕
※俳諧・韻塞(1697)九月「病人と鉦木(シュモク)に寐たる夜さむ哉〈丈草〉」
※浮世草子・椀久二世(1691)下「若衆は追付入物とてほうろく頭巾鐘木(シュモク)にてももらはねばおかず」
④ つく鐘の音のこと。
※一中節・家桜傾城姿(家桜)(1736)「明けの撞木(シュモク)に数とれば」
⑤ 「つくぼう(突棒)」の異名。
※続あにいもうと(1934)〈室生犀星〉「三尺撞木の上のはりつけ人の喉もとを槍で突いたり」
⑥ 歌舞伎で、張り子の馬が長時間立っているとき、その腹の下にあて、足にはいっている役者の肩にかかる重量を軽くする器具。撞木形の木に黒布をまいたもの。また、幽霊が提灯から抜け出すときにつかまる同形のものをもいう。
[語誌](1)もともとは「鐘木」と書き、呉音で「シュモク・シウモク」と読んだらしい。「文明本節用集」には「杵 シモク 或作鐘木 シユモク」とある。「鐘」は、「法華経単字」に「シュウ 主ウ」、「法華経音訓」に「鐘(シュ・シュウ)」などと注記されている。
(2)中世から近世にかけて、「鐘」の音読みは「ショウ」に固定し、「シュ」の音が常用音として失われていき、「鐘木」の表記例も少なくなる。のち、意味の上から当てた「撞木」(「撞」の音は漢音タウ、呉音ダウ)、「杵木」(「杵」の音は漢・呉音ショ)の表記、特に、「鐘」とつくりが同じ「撞」を用いた「撞木」が広まっていった。→「しもく(撞木)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撞木・鐘木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

撞木・鐘木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation