@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ばち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ばち
日本の楽器の付属品名。撥楽器の弦を鳴らす道具で,手に握って用いるもの。打楽器の打棒も同じく「ばち」というが,「」の字をあてて区別する。また洋楽器ではプレクトラムと総称するのに対して,日本では指にはめたり,指先で持つ小型の義甲を「爪」として区別する。撥は主として琵琶三味線に用いる。琵琶の撥の材質はおもにツゲで,一般に薄く先端が大きく開いていて,握りの部分が細く,握りの根もとがほぼ直角に開きとがっているが,琵琶の種類,流派によって形状,大きさなどに異同がある。三味線の撥は,琵琶からの進化で,材質もツゲのほか,カシ,象牙,鼈甲,水牛の角,プラスチックなどがあるが,全部が同材質でなく,先端にだけ良質のものを用いたりもする。形状はだいたい一致し,撥先は大きく開いて薄く,才尻 (根もと) に向って次第に細く厚くなり,最後は角棒状となるが,やはり三味線の種類や流派により大小,軽重に差があり,重くするために才尻に鉛を入れたものもある。義太夫節用が最も重く,地歌では撥先直前まで厚く,撥先に向って急に段がついて薄くなっているような津山撥,九州撥なども工夫されている。新内節の高音 (たかね。上調子) 用には極端に小型の小撥を使用する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばち【×撥/×桴/×枹】
(撥)琵琶・三味線などの弦をはじいて鳴らす、へら状の道具。琵琶の撥は多く黄楊(つげ)製、三味線の撥は象牙、水牛の角などで作り、形は流派や使用目的により異なる。
(桴・太鼓銅鑼(どら)などの打楽器類を打ち鳴らす棒状の道具。舞楽の舞具として用いることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【撥】[漢字項目]
[音]ハツ(漢) バチ(慣) [訓]はねる
〈ハツ〉
はねる。はねかえす。「撥音撥弦楽器挑撥反撥
治める。「撥乱
〈バチ〉楽器の弦をはねて鳴らす具。「撥音(ばちおと)
[補説]1は「」を代用字とすることがある。
[難読]撥条(ばね)撥条(ぜんまい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばち【撥】[漢字項目]
はつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はねか・す【撥】
〘他サ五(四)〙 泥、水などをとばし散らす。はねるようにする。はねとばす。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「アレ唾を人にはねかしてサ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

撥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation