@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

播磨灘【はりまなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

播磨灘
はりまなだ
瀬戸内海東部海域。東は淡路島,西は小豆島,南は四国,北は兵庫県姫路平野に囲まれる。東西約 50km,南北約 70km。北部家島諸島のほかには島がないが,水深は浅く最大 42m。鹿 (しし) の室津の瀬などの浅堆部は特に浅く 10m以下。内海漁業宝庫であったが沿岸の工業化による水質汚濁で高級魚の減少が目立ち,沿岸の塩田製塩法の変化で 1960年代以後姿を消した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はりまなだ【播磨灘】
瀬戸内海の東部,東は淡路島,西は小豆島で限られた海域。姫路沖の家島諸島を除けば島はなく,明石海峡,鳴門海峡,備讃瀬戸でまわりの海域と結ばれる。海峡付近は潮流浸食のため深くなっているが,海底は全体として平たんで,水深はおおむね40m未満である。古くから漁業が盛んで,なかでも明石市沖合10kmの鹿ノ瀬(最浅部2m)は,タイ,ブリ,サワラなどの好漁場として知られている。臨海部のうち商工業が発達しているのは北の播磨平野だけであるが,最近は埋立てで海岸線の形状が大きく変わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

播磨灘
はりまなだ

瀬戸内海の東部の海域。淡路島、本州、小豆(しょうど)島、四国に囲まれ、東は明石(あかし)海峡と鳴門(なると)海峡を隔てて大阪湾と紀伊水道に通じ、西は備讃(びさん)瀬戸へ通じている。北部の家島(いえしま)諸島を除き、中心部には島をみない。水深は一般に浅く、中央部の最大水深は42メートル。とくに家島から淡路にかけて鹿ノ瀬(2メートル)、室津(むろつ)ノ瀬(10メートル)などの浅瀬が発達している。北岸には播磨平野があり、姫路市から相生(あいおい)市にかけては工業整備特別地区に指定され、播磨臨海工業地域となっている。工業廃水や都市の生活廃水による海水汚濁がひどく、毎夏の赤潮発生の一因となって漁民を苦しめている。

[坂口良昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はりま‐なだ【播磨灘】
瀬戸内海の東部を占める海域。播磨平野・淡路島・小豆島・四国に囲まれる。家島諸島以外に島はなく、鹿(しし)ノ瀬、室津ノ瀬などの浅瀬がある好漁場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はりま‐なだ【播磨灘】
瀬戸内海東部、淡路島小豆島(しょうどしま)との間の海域。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

播磨灘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

播磨灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation