@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

撰銭令【えりぜにれい】

世界大百科事典 第2版

えりぜにれい【撰銭令】
室町・戦国時代に,悪銭のうちとくに粗悪なの流通を禁止するとともに,その他について撰銭を禁止するなど,銭貨流通に関して室町幕府大名社寺などが発した法令。〈せんせんれい〉〈せいせん(精銭)れい〉ともいう。室町・戦国時代に経済が発展し,貨幣流通が盛んになると,輸入中国銭の不足をきたし,私鋳銭の大量鋳造がおこなわれ高利貸営業,商取引,年貢公事・反銭の銭納などにおいて,撰銭行為によるトラブルが発生した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せんせんれい【撰銭令】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

撰銭令
えりぜにれい
室町幕府や有力社寺・戦国大名などから出された撰銭に関する法令
銭貨流通の円滑化をはかったもので,その内容は標準貨幣(中国銭)の設定,選択してよい銭と,いけない銭の種別,良悪貨幣の混用の限度,良貨に対する悪貨の割引通用率などが規定された。江戸時代銅銭が豊富に鋳造・通用するに及んで止んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撰銭令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

撰銭令の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation