@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

操作【ソウサ】

デジタル大辞泉

そう‐さ〔サウ‐〕【操作】
[名](スル)
機械などをあやつって動かすこと。「ハンドルを操作する」「遠隔操作
自分の都合のよいように手を加えること。「株価を操作する」「帳簿を操作する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐さ サウ‥【操作】
〘名〙
※漢字国語字典(1892)〈山口仙松〉「操作 サウサ シゴト」
② ある目的のために特定の物を一定の手順で動かすこと。特に、器具や機械などを動かして作業すること。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一五「綱の操作をしてゐる二人の水夫」
※道路交通法(1960)二条「十四、信号機 人力又は電気により操作され」
③ 物事をある状態になるように、あやつること。特に、自分の都合のよいように手を加えること。「株価を操作する」
※三とせの春は過ぎやすし(1973)〈杉浦明平〉一「平均点六〇点になるように操作してくれたようで」
[語誌](1)幕末、明治期には、「操作」は多く「そうさく」と読まれ、意味も「はたらくこと。労働すること」であった。
(2)大正から昭和にかけて、機械などを動かして作業するという新たな意味を派生し、読みもソウサに固定したと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐さく サウ‥【操作】
〘名〙 仕事をすること。はたらくこと。また、仕事。労働。そうさ。
※輿地誌略(1826)八「本土人は敏捷にして、操作に勤むと雖も、顔貌黒醜、習俗賤陋なり」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉六「其手亦操作(サウサク)する所の業に随ひ」 〔後漢書‐梁鴻伝〕
[語誌]→「そうさ(操作)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

操作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

操作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation