@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

操芝居【あやつりしばい】

精選版 日本国語大辞典

あやつり‐しばい ‥しばゐ【操芝居】
〘名〙 浄瑠璃の語りに合わせて、操り人形を演技させる芝居。また、その劇場。人形浄瑠璃。操り浄瑠璃。操り狂言。操り人形芝居。あやつり。
※俳諧・西鶴大句数(1677)四「平家は大豆源氏は米を積かさね 銀元のつくあやつり芝居」
[語誌](1)室町時代には、台の上に人形を置いて糸などで動かすものを「操り」「操り物」と呼んでいた。これと浄瑠璃とが結びついて成立した。慶長(一五九六‐一六一五)の頃、京都に発生し、江戸に移り、のち大坂で栄えた。
(2)明治時代以降は「人形浄瑠璃」と呼ぶことが一般的となった。竹本座、豊竹座から文楽座に受け継がれ、現在では文楽とも呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

操芝居」の用語解説はコトバンクが提供しています。

操芝居の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation