@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

攪拌【かくはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

攪拌
かくはん
agitation
かきまぜること。昔から料理などでよく行なった簡単な作業であるが,最近は化学工学進歩とともに,単位操作として重要な意味をもってきた。目的は,溶解・浸出・化学反応の促進,温度・濃度の均一化,互いに不溶のものの混合乳化 (エマルジョン化) ,沈殿物の凝固防止,あるいは曝気 (ばっき) など,非常に多様で,攪拌機 agitatorの型式や装置の大小も種類が多く,処理材料によって選択する。小型ではプロペラ羽根の回転によるものが多いが,鉱業・製錬・下水処理などの大型では,長い拌腕に羽根型のかき歯をつけたものが多い。また機械的攪拌だけでなく,圧縮空気や高圧水蒸気を吹込む場合や,機械攪拌と空気攪拌を併用することもある。下水処理ではこれにより好気性菌による浄化の目的を達する。粉状固形物の攪拌では,同時に微粉化を目的とすることが多く,擂潰機 (らいかいき) のような形式の大型のものがよく使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐はん【××拌】
[名](スル)《「こうはん(攪拌)」の慣用読み》かき回すこと。かきまぜること。「卵白を攪拌する」「攪拌機」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐はん〔カウ‐〕【××拌】
[名](スル)かくはん(攪拌)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくはん【攪拌 agitation】
流体や粉末ないしは粒状の固体原料をかき混ぜることで,工学的にはかくはん操作またはかくはん混合操作として単位操作の一つに分類されている。狭義には,流体あるいはあまり多量でない粉粒体を含む流体で比較的粘稠でない原料を対象とする場合をかくはん,これに対して濃厚高分子溶液グリースから粘土等に至るまでの非常に粘稠な原料を扱う場合を捏和ねつか)または捏和混練一方,固体の粉粒体原料を主とする場合を固体混合または単に混合と称して区別する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かく‐はん【攪拌】
〘名〙 (「こうはん(攪拌)」の慣用読み) かきまぜること。かきまわすこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「半炭酸曹達三分に生石灰一分を攪拌し水を加て」
[語誌]「攪」は元来、コウ、キョウという音であり、カクは旁(つくり)から類推して生じた慣用音。蘭学資料では対象は薬品であったが、次第に使用範囲は広まり、現在では一般にも使用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐はん カウ‥【攪拌】
〘名〙 かきまわすこと。かきまぜること。かくはん。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

攪拌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

攪拌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation