@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

支庁【シチョウ】

デジタル大辞泉

し‐ちょう〔‐チヤウ〕【支庁】
島嶼(とうしょ)または交通不便な地に設置され、知事の権限に属する事務を分掌する都道府県の出先機関。東京都小笠原支庁など。都道府県支庁。
北海道の旧行政区画。明治30年(1897)10月に19支庁が設置され、編入や再編を経て石狩渡島檜山胆振日高後志空知上川留萌宗谷網走十勝釧路根室の14支庁となる。平成22年(2010)4月、「北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例」により廃止、総合振興局または振興局に移行。→総合振興局

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ちょう ‥チャウ【支庁】
〘名〙
① 都・道・府・県庁に属する出先機関の一つで、北海道では市以外の全域に、その他の都県では交通不便の地などに設けられ、本庁まで行かなくても用が足りるようにした役所。〔広益熟字典(1874)〕
② 北海道の行政区画の一つ。渡島(おしま)支庁・上川支庁など一四に分かれ、道庁の支庁が管轄する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

支庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation