@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

支払準備率【しはらいじゅんびりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

支払準備率
しはらいじゅんびりつ
reserve requirement ratio
金融機関の預金総額に対する支払準備金比率金融機関はいつでも預金者の払戻し要求に応じられるように,預金総額の一定割合の支払準備金を保有していなければならない。ここで支払準備金とは,広義には当該金融機関の保有現金,中央銀行預け金,他行への預け金,コールローンなどを含むが,このうち預金残高の一定比率に相当する中央銀行預け金法律によって義務づけられている場合,所要準備金 required reservesといい,中央銀行はこの比率を変更することによって金融機関の流動性を調整し,その与信能力をコントロールする政策手段とする。現在は欧米先進国でこれが用いられており,日本でも 1957年に準備預金制度としてこれが導入され,59年9月に初めて預金準備率が決定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しはらいじゅんびりつ【支払準備率 reserve ratio】
銀行が預金残高に対して,日々の支払請求に応じるためにもっている支払準備(現金通貨,中央銀行預け金等)の比率。もっとも,最近では,準備預金制度もとで市中金融機関は預金等の債務の一定割合相当額を通常無利子で中央銀行に預入れする義務を負っているが,その預入れ率のことを指す場合が多い。中央銀行は支払準備率を政策的に変動させることにより,金融機関の支払準備を直接的に増減させ,これを通じてその信用創造機能をコントロールすることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しはらいじゅんびりつ【支払準備率】
預金よきん準備率

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しはらいじゅんび‐りつ〔しはらひジユンビ‐〕【支払準備率】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支払準備率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

支払準備率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation