@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

支配人【しはいにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

支配人
しはいにん
Prokurist; manager
営業主がもつ営業に関する一切の権限を与えられた商業使用人営業主特定営業所における営業のために支配人を選任して,これに営業に関する一切の裁判上,裁判外の行為をなす代理権を与えることができるが,この代理権(支配権)は包括的なもので営業主がこれを制限しても善意第三者に対抗できない(商法21条1,3項,会社法11条1,3項)。また,支配人でないのに支店長や支社長など本店または支店の営業の主任であることを示す名称をつけられた商業使用人表見支配人という。商法・会社法は表見支配人につきこれを支配人と誤認する取り引きの相手方を保護するために,相手方が悪意の場合を除き,その営業所の営業に関する裁判外の行為について支配人と同一の権限を有するものとみなしている(商法24,会社法13)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しはい‐にん【支配人】
使用人の中で、営業主に代わって営業全般にわたる業務を取りしきる者。マネージャー。「ホテルの支配人
法律で、営業主によって選任され、その営業に関する一切の裁判上・裁判外の行為をする権限を持つ商業使用人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しはいにん【支配人】
営業主たる商人に代わって営業主の営業に関するいっさいの裁判上または裁判外の行為をなす権限を有する商業使用人(商法38条1項)。支配人のもつ包括的な代理権を支配権という。現実に支配人という名称を使っていることは必要でなく,店長・支店長などさまざまな名称が用いられている。支配人の地位は,営業主の支配権を与えるの意思表示によって発生するが,各種の会社については支配人選任の権限の帰属等が法定されている(たとえば,合名会社につき71条,株式会社につき260条2項3号)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しはいにん【支配人】
使用人のうち、営業主に代わって店舗の営業を取り仕切る責任者。マネージャー。
法律上、営業主によって選任され、特定の営業所の営業に関する一切の裁判上・裁判外の行為をする、代理権をもつ商業使用人。 → 商業使用人

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

支配人
しはいにん
商人・会社によって選任され、営業主・会社にかわりその営業(事業)に関するいっさいの裁判上・裁判外の行為をなす権限を有する商業使用人(商法20条・21条、会社法10条・11条)。支配人は営業主や会社の営業(事業)全般にわたる包括的な代理権(支配権)を有する者であり、その名称のいかんを問わない。なお、支配人でもないのに、支店長・支社長など営業所や会社の本店または支店の事業の主任者であることを示す名称をつけられた者は、取引上、支配人と同一の権限があるものとみなされ(商法24条、会社法13条)、善意の相手方の保護が図られている(表見支配人)。支配人は営業主である商人や会社が選任するが、会社にあっては、取締役の過半数の決議が必要である(会社法348条2項・3項1号)。その選任および代理権の消滅は登記事項である(同法918条)。支配人の代理権は広範かつ強力なもので、営業主や会社がこれに制限を加えても善意の第三者に対抗できない不可制限的なものである(商法21条3項、会社法11条3項)うえに、支配人は営業上の秘密にわたる事項にも通じているから、営業主や会社のために全力を尽くすとともに、営業主や会社との間に競業関係が発生するのを防止するために支配人には重い義務が課せられている(商法23条1項、会社法12条1項)。これに違反すれば、営業主や会社は支配人の解任、損害賠償の請求のほか、競業避止義務違反の場合は、それを理由に、当該行為によって支配人または第三者が得る利益の額を、営業主や会社に生じた損害の額と推定する(商法23条2項、会社法12条2項)。[戸田修三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しはい‐にん【支配人】
〘名〙
① 主人に代わって営業に関する一切のことを受け持ち、また雇用人についての権限をもつもの。番頭。マネージャー。
※雑俳・柳多留‐一〇(1775)「後家の琴ゑんりょなさいと支配人」
② 主人に代わり、その営業に関する一切の裁判上、または裁判外の行為について代理権をもつ商業使用人。
※会社弁(1871)〈福地桜痴〉諸会社取建の手続大要「此取扱人は数人ありて、此内より又慥なる人物一人を撰む之を会社の支配人と唱ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支配人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

支配人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation