@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

改作法【かいさくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

改作法
かいさくほう
江戸時代初期,加賀藩で実施された藩政改革の中心をなす農政仕法。5代前田綱紀のとき,当時なお治世にあたっていた3代藩主利常が慶安4 (1651) ~明暦2 (56) 年に実施。家臣地方取 (じかたどり) から蔵米取への推進郡奉行のほかに設けられた藩の改作奉行と民間の大庄屋級の十村 (とむら) を中心とする郷村 (ごうそん) 支配の強化,郷町の整備,隠田検地,新田開発などを励行し,藩体制確立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいさく‐ほう〔‐ハフ〕【改作法】
江戸時代、金沢藩が行った農政改革。慶安4年(1651)に開始され、武士農民困窮救済する目的で、給人知行所直接支配の禁止、検地の精密化、郷村支配の整備などを実施し、藩体制を確立させた。改作仕法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいさくほう【改作法】
加賀藩で1651年(慶安4)から56年(明暦2)にかけて行われた農政を中心とする藩政改革の名称。5代前田綱紀初年隠居の利常(3代)が親裁して,寛永期から問題化していた給人・百姓窮乏の解決のために,藩庫の米銀を百姓に貸与して他借を禁じ,村ごとに免相(めんあい)を一定して給人の収納免も平均化し,蔵宿を設置して給人の年貢米の収納・販売を一手に担当させ,また算用場奉行―郡奉行・改作奉行―十村(とむら)の吏僚的農政機構に農民支配を一元化して地方知行制形骸化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

改作法
かいさくほう
加賀藩成立期の農政改革。5代藩主前田綱紀(つなのり)の初世、1651年(慶安4)から56年(明暦2)にかけて、その後見役をしていた祖父前田利常(としつね)(3代藩主)が施行したもので、内容は多方面にわたる。その骨子は、給人(きゅうにん)・百姓間を遮断して給人の専恣(せんし)な百姓収奪を規制し、土地・租税制度の整備、十村(とむら)(大庄屋(おおじょうや)にあたる)を中核とする郷村支配の確立をもって租税収入の安定化を図ったうえ、百姓助成を徹底的に行い、その再生産能力を付与するにあった。持高の適正規模を維持するために、しきりに百姓の追放や入れ替えまで強行している。やがてこの仕法は、綱紀の成長につれて拡大・整備され、農政専行の改作奉行(ぶぎょう)の設置、十村制度の整備、田地割慣行の制度化、切高(きりだか)仕法の施行など、この藩独自の農政を展開することになり、長く祖法として継承された。[若林喜三郎]
『若林喜三郎著『加賀藩農政史の研究 上巻』(1970・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいさく‐ほう ‥ハフ【改作法】
江戸時代、加賀藩が慶安四年(一六五一)、武士と農民の困窮を緩和し、藩の財政を確立する目的で実施した農政改革をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

改作法
かいさくほう
17世紀半ば,加賀藩主前田綱紀 (つなのり) の初世,その後見役であった祖父利常が行った農業政策
農政を中心とする藩政の改革を通じて,藩体制の確立を求めたもの。改作奉行の設置,検地の精密化,家臣による直接年貢徴収の禁止,十村 (とむら) 制度の整備による郷村支配の強化,米・銀貸付けによる小農の救済,定免 (じようめん) 制の実施による藩財政の立て直しなどがあげられ,加賀藩の農政の祖法となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改作法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

改作法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation