@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

改易【かいえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

改易
かいえき
もと律令制で,官職を解いて他のに任命する手続。のち,制裁味で荘官地頭職没収をも意味するようになり,江戸時代には,大名領地を没収し身分を奪う刑罰を意味した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐えき【改易】
[名](スル)
改めかえること。更新すること。
中世、罪科などによって所領・所職・役職を取り上げること。
江戸時代、士分以上に科した刑罰。武士の身分を剝奪(はくだつ)し、領地・家屋敷などを没収する刑。蟄居(ちっきょ)より重く、切腹より一段軽い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいえき【改易】
改易の起源は律令制にもとづく官職制度に求められ,ある職の現任者を変更して新任者を任することをいったが,鎌倉室町時代においても,守護地頭の変更を改易といい,そこには懲罰的な意味が含まれていた。しかし,改易という言葉が盛んに用いられたのは江戸時代,とくに徳川家康・秀忠・家光の初期3代将軍の間の大名改易である。当時改易とは,士分以上のもののを除いて,その知行,俸禄,家屋敷を没収することをいい,ほかに減封,転封,役儀召放などにも併用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいえき【改易】
スル
改め易える意
現任者を解職して新たな者を任ずること。中世以降、刑罰の一種と見なされるようになり、守護職・地頭職などの「職」の解任と所領の没収をいった。江戸時代には武士の所領や家禄・屋敷を没収し、士籍から除くことをいう。蟄居ちつきよより重く切腹よりは軽い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

改易
かいえき
本来は罪によって官職や身分を取り上げること。鎌倉時代には御家人(ごけにん)の地頭職(じとうしき)を奪うこと、江戸時代には士分以上のものの籍を除いて、知行(ちぎょう)・俸禄(ほうろく)・家屋敷を没収することをいい、ほかに減封、転封、役儀召放(やくぎめしはなち)などにも併用された。そのうち大名改易は江戸幕府の大名統制の基本をなすもので、世嗣(せいし)断絶、幕法違反をおもな理由とし、徳川家康・秀忠(ひでただ)・家光(いえみつ)の初期三代将軍によって強行された。その数は、関ヶ原の戦後処理後、外様(とざま)大名82名、徳川一門(親藩)・譜代(ふだい)大名49名、あわせて131名となり、没収総高は1214万8950石という膨大な額となる。こうして、改易は大名転封(国替(くにがえ))を促進するとともに、諸大名に絶対優位する将軍権力確立の要因となった。外様大名中心の大名改易は4代家綱(いえつな)のころより変化し、5代綱吉(つなよし)の時代は徳川一門・譜代大名中心の改易に移行するが、これを境に改易は減少し幕末に至った。[藤野 保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐えき【改易】
〘名〙
① 改めかえること。更新。
※令集解(738)田「古記云〈略〉未知、令格之赴、并段積歩改易之義、請具分釈、无使疑惑也」
② 心変わり。違乱。違背。
※日光院文書‐下・永正六年(1509)九月一二日・垣屋豊知寄進状「奉寄附妙見大菩薩神田之事〈略〉則至子々孫々、不改易者也、仍寄進状如件」
③ 所領、所職などを、罪によって取り上げること。改替(かいたい)
※平家(13C前)二「天台座主明雲大僧正、公請を停止せらるるうへ〈略〉御持僧を改易せらる」 〔漢書‐何武伝〕
④ (族籍を改めかえる意) 江戸時代、士人に対する刑の一つ。士人の称を除き、領地、家祿、屋敷などを没収し平民とすること。蟄居(ちっきょ)より重く、切腹より軽い。
※評判記・色道大鏡(1678)五「もしあらは改易(カイヱキ)のもとひ、小身は流浪の基ひ、又は一命を断べきもとひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

改易
かいえき
罪によって官職や身分を取り上げる刑罰
古代では職務の交代を意味し,のち官職およびこれに伴う領地の権利を失う一種の制裁となった。武家法に受け継がれ,江戸時代には主人との主従関係の断絶,それによる知行地の没収,さらに武士身分の除去をさすに至った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改易」の用語解説はコトバンクが提供しています。

改易の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation