@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

改良半紙【カイリョウバンシ】

デジタル大辞泉

かいりょう‐ばんし〔カイリヤウ‐〕【改良半紙】
駿河半紙漂白して作った半紙。明治末ごろから売り出された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいりょうはんし【改良半紙】
半紙は本来,純粋にコウゾのみですいたものであったが,原料不足のために江戸時代から栽培がはじまったミツマタを代用原料とした半紙が盛んに生産されるようになった。まず駿河地方でつくられたが,色が赤みを帯びて墨汁がにじみ,墨で書くのに不便であった。明治以降,水酸化ナトリウムによる煮熟,さらし粉による漂白によって,すぐれた半紙がつくられるようになり,各地に広がった。それを従来のものと区別して改良半紙とよんだが,しだいに木材パルプ等を原料とするものまで改良半紙と称するようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かいりょう‐ばんし カイリャウ‥【改良半紙】
〘名〙 駿河半紙を漂白したもの。江戸末期からミツマタを原料としてつくられていた駿河半紙は色が悪く不評であったため、これを漂白し、明治末ごろから売り出したもの。昔からのコウゾ紙にくらべてきめがこまかく、色白、薄手で、しかも墨つきがよいので好評を博した。
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉一九「かんぜよりで綴ぢた二枚の改良半紙へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改良半紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

改良半紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation