@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放下【ほうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放下
ほうか
中世から近世にかけて行われた大道芸の一つ。僧形のものを放下僧俗体のものを放下師といった。品玉,輪鼓手鞠などの曲芸を演じ,筑子 (こきりこ) を打って歌もうたった。散楽系の曲技の流れをくむもので,その芸は伊勢や東京の太神楽 (だいかぐら) に伝えられている。また愛知県の下と呼ばれる太鼓踊や富山県の筑子踊などもこの芸系の一部を受継いでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐か〔ハウ‐〕【放下】
[名](スル)
投げ捨てること。ほうげ。
「机の上の物を取っては、またすぐに―しなどしていた」〈鴎外魚玄機
一切を捨て去ること。ほうげ。
「生命をさえ―し終ろうとしたほどだったが」〈山本有三・波〉
田楽から転化した大道芸。品玉(しなだま)輪鼓(りゅうご)などの曲芸や手品を演じ、小切子(こきりこ)を鳴らしながら小歌などをうたったもの。室町中期に発生、明治以後、名称は絶えたが、その一部は寄席芸民俗芸能として今日に伝わる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐げ〔ハウ‐〕【放下】
[名](スル)
仏語。禅宗で、一切の執着を捨て去ること。
「一切を―し尽して」〈漱石行人
ほうか12」に同じ。
「ヒトヲ―スル」〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうか【放下】
大道芸の一種。室町期から近世にかけて見られた雑芸。放下は家から出た用語で,ものごとを放り投げて無我の境に入ることを〈放下す〉といった。室町期には形をした放下(家)僧や,烏帽子(えぼし)姿で恋歌を書いた短冊を笹竹に吊り下げ背に負った放下師などが活躍し,弄(ろうがん),品玉(しなだま),輪鼓(りゆうご)など,品物を空中に投げ上げて曲取りする散楽(さんがく)系の曲芸や,コキリコなどでリズムをとって物語り歌をうたい歩き,子女の人気を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

放下
ほうか

大道芸の一種の手品や曲芸のたぐい、あるいはそれを演ずる者のこと。禅家においてすべてを放擲(ほうてき)して無我の境に入ることを「放下す」というところから、品玉(しなだま)や輪鼓(りゅうご)をほうり投げて曲取りをする曲芸をもっぱらとする僧形の下級芸能者をさしていうようになり、放下師、放下僧ともいった。奈良時代に中国から伝来した散楽雑伎(さんがくざつぎ)から田楽(でんがく)法師を経て、さらに放下僧の手に渡ったという芸統で、室町時代ごろに放下の芸として定着した。品玉、輪鼓、手鞠(てまり)、筑子(こきりこ)などを行って大道に立ち、あわせて手妻(てづま)(手品)や人形回しも演じた。1669年(寛文9)京都において豊後屋団右衛門(ぶんごやだんえもん)なる者が、「放下物真似(ものまね)」の名代を許されて歌舞伎(かぶき)や人形芝居などに伍(ご)した。小屋掛けを許された放下は、鞠の曲、枕(まくら)の曲、籠抜(かごぬ)けなどを興行した。一方大道芸となった者は「辻(つじ)放下」ともよばれ、非人階級に扱われて車善七の差配を受けた。明治以後名称は絶えてしまったが、その芸は寄席(よせ)芸に入って残っている。伊勢太神楽(いせだいかぐら)にも、綾(あや)とりの曲、水の曲、手鞠の曲、傘の曲などが「放下芸」として残っている。

[織田紘二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐か ハウ‥【放下】
〘名〙
① (━する) 投げすてること。投げおろすこと。下におろすこと。ほうげ。
※虎明本狂言・伯養(室町末‐近世初)「はかけのあしだぬぎすててはくやうなくて谷へほうかす」 〔陳傅良‐春日和林宗易韻詩〕
② (━する) 捨て去ること。捨ててかえりみないこと。放棄。放置。ほうげ。
※俳諧・芭蕉庵小文庫(1696)春「なほ放下して栖を去」
③ 中世・近世に行なわれた芸能の一つ。小切子(こきりこ)を打ちながら行なう歌舞・手品・曲芸などの芸。また、それを専門に行なう者。多くは僧形であったが、中には頭巾の上に烏帽子をかぶり、笹を背負った姿などで演ずるものもあった。放下師。放下僧。放家。放歌。ほうげ。
※車屋本謡曲・放下僧(1464頃)「今程人のもて遊び候は、放下ならではなく候程に」
④ 能楽で、遊狂の場面や歌舞などにふさわしく仕立てられた男の遊芸人。
※三道(1423)「はうか、是は、軍体の末風、砕動の態の風也」
⑤ 民俗芸能の一つ。大きな団扇(うちわ)を背負い、笛・太鼓・鉦などを鳴らしながら激しく動くもの。念仏踊の一種として愛知県に分布。
[語誌]「放下」の字音としては、「ホウゲ」「ホウカ」の両者が考えられるが、「ホウゲ」に関しては、世俗との縁を切って無我の境に入る意味を示す禅語としての用法が中心で、一方「ホウカ」に関しては、ほうり捨てるという一般的な意味を表わす場合に用いられることが多かったと思われる。もっとも、室町末の「日葡辞書」には、人を投げ倒して、自分の体から突き放すという意味で、「Fitouo(ヒトヲ) fǒguesuru(ホウゲスル)」という例もみえ、「ホウゲ」と「ホウカ」の字音と意味との結び付きの揺れもうかがわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐げ ハウ‥【放下】
〘名〙
① 仏語。禅で、精神的・肉体的な一切の執着を捨てて解脱すること。また、執着を起こさせる種々の条件を放棄すること。
※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「金剛経をききて仏法の薫力あるときは、重担を放下して出家す」
② =ほうか(放下)①②③
※日葡辞書(1603‐04)「ヒトヲ fǒgue(ハウゲ) スル」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

放下
ほうか
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
慶安4.1(江戸城二の丸)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation