@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放任主義【ホウニンシュギ】

デジタル大辞泉

ほうにん‐しゅぎ〔ハウニン‐〕【放任主義】
自由気ままにやらせて、干渉しない主義。「放任主義の教育」
倫理学で、善悪の区別を厳格につけない寛容的な立場。
人間の主体的活動を重視する自由主義神学の一傾向。特にキリスト教における中立的立場。広教主義

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうにん‐しゅぎ ハウニン‥【放任主義】
〘名〙
① 各自の自由にまかせて干渉しない主義。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉王政維新「余り世話をせずに放任主義(ハウニンシュギ)の方が宜いかと思はれます」
② 倫理学で、善悪の区別につき、さまざまな異なる意見を許す、妥協的・包容的な立場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放任主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放任主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation