@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放射化学【ほうしゃかがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放射化学
ほうしゃかがく
radiochemistry
放射性物質化学を研究対象とする自然科学の一部門。この部門では天然に存在する放射性元素定量分布状態,人工放射性元素生成などの問題をはじめとして,放射性物質分離および精製,放射性元素それ自体の化学的性質および壊変に伴う反跳原子の化学的行動,放射性核種の利用,特に放射性トレーサーとしての利用,年代測定などが主要な研究対象である。以上の研究領域のほか,核反応および生成核種の性質を主要な研究対象とする核化学を含めて放射化学と呼ぶ場合も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうしゃ‐かがく〔ハウシヤクワガク〕【放射化学】
放射性元素放射性核種の定量・分布・生成や分離・精製などを研究する化学の一分野。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうしゃかがく【放射化学 radiochemistry】
放射能の特性を利用して放射性元素を研究する化学の一分野。これと似た用語である放射線化学は,放射線によって起される化学反応を研究する分野であり,放射化学とは区別される。 放射化学が対象とする分野は,自然界に存在する放射性核種の分布のありさまや,その由来の研究,人工放射性同位体の製造から分離,精製,化学的性質の研究,核反応に伴う反跳効果で生成するホットアトムの化学反応性を調べるホットアトム化学放射能化学分析に利用する方法など広い範囲に及んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうしゃかがく【放射化学】
放射能を利用して放射性元素または放射性核種の検出・定量・分離・生成およびそれらの分析化学や生化学への応用などを研究する化学の一分野。放射体化学。核化学。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

放射化学
ほうしゃかがく
radiochemistry
放射性物質を研究対象とする化学の一分野。1896年フランスの物理学者ベックレルにより放射能の現象が発見されてから、放射性元素についての多くの化学的研究が行われ、一つの大きな分野となり、その総合と体系化に伴い、1911年ごろイギリスの物理化学者ソディによって命名された。おもな研究対象は、天然における放射性核種の生成・分布、人工放射性核種の生成、放射性核種の分離生成、放射性核種を含む化合物の性質、核反応の化学的諸効果たとえば反跳効果、放射性核種の利用などである。
 放射性核種の検出・定量などをそれらの放射線を利用して行うことが多いので、きわめて微量でも取り扱うことができるが、またその反面放射線を取り扱うので、特殊な装置が必要な不便さもある。放射線を取り扱うが、それが目的ではないので、放射線化学とは関係はあるが、明らかに異なった分野である。[中原勝儼]
『河村正一著『放射化学と放射線化学』(1980・通商産業研究社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうしゃ‐かがく ハウシャクヮガク【放射化学】
〘名〙 放射性元素を研究対象とする化学の一分野。放射性核種の分布、核反応の機構、放射性核種の製造とそれをトレーサーとして利用する道をひらくことなどが含まれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

放射化学
ホウシャカガク
radiochemistry

放射性元素を研究対象とする化学の一部門.具体的には,天然放射性元素の存在状態,人工放射性元素の製法,放射性元素相互の分離,分離精製された元素の核物理的核化学的性質,放射性物質の取り扱い技術,トレーサーとしての応用などが含まれる.核化学とは密接な関係にあり,境界も明確でないことが多い.放射線化学とは名称上混同されやすいが,放射線化学は通常の(非放射性)物質に対する放射線の化学作用を研究する分野であって,両者は明確に区別すべきものである.放射線化学で放射性物質を放射線源として利用することが多いが,放射線源としては人工的な粒子加速器を用いることも多い.両者は目的,対象,性格,手法において大いに異なる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射化学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放射化学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation