@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放射性物質【ほうしゃせいぶっしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放射性物質
ほうしゃせいぶっしつ
radioactive substance
地球上の天然物質は一般に自然放射能をもつが,その平均以上の放射能をもつ天然物質および人工物質のことを放射性物質という。天然物質ではウラントリウム鉱石,人工物質ではこれらの鉱石から精製したウランやトリウム,人工放射性同位体を含む物質などがその例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

放射性物質
放射線を出す能力(放射能)を持つ物質。原発事故で、住民の健康への影響が問題になることが多いのは、放射性のヨウ素131やセシウム137、ストロンチウム90など。ヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まるが、放射能が半分になるまでの期間「半減期」は8日間と短い。セシウム137やストロンチウム90は半減期が約30年間と長いため、食べものなどを通じて体内に取り込まないよう気をつける必要がある。これらは体内で骨や筋肉の成分などとして蓄積しやすい性質をもっているが、セシウムは100日ほどで排出され半減する。
(2011-05-11 朝日新聞 朝刊 東特集H)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ほうしゃせい‐ぶっしつ〔ハウシヤセイ‐〕【放射性物質】
放射線を出す物質。放射能をもつ原子核放射性核種)を含む物質を指す。
[補説]原子炉核燃料や医療分野の放射線療法などに利用される。また、核爆発原子力発電所の事故などで放出された場合、外部被曝内部被曝により人体悪影響を与えるおそれがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

放射性物質
 ラジオアイソトープを含む物質.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうしゃせいぶっしつ【放射性物質】
放射能をもつ物質。特に、その核種が特定されていない場合、または多数の放射性核種の混合物である場合にいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射性物質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放射性物質の関連情報

他サービスで検索

「放射性物質」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation