@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放射性降下物【ほうしゃせいこうかぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放射性降下物
ほうしゃせいこうかぶつ
fallout
大気中の放射性物質地上に降下したもの。発生源は,(1) 自然界からの放出,(2) 核兵器の爆発,(3) 原子力発電所から出る放射性物質や核分裂生成物の三つがあげられる。大気中に存在する放射線の大部分は宇宙線と,地殻に存在する天然ウラントリウムから拡散する気体ラドンを発生源とする。宇宙線を起源とする放射性物質には放射性炭素や放射性水素などがある。核爆発による放射性降下物は,局地放射性降下物,対流圏放射性降下物,成層圏放射性降下物の 3種類に分けられる。局地放射性降下物は,爆発が起こった場所の近くに降下する粒子の大きい放射性物質で,強い放射線を発するが寿命は比較的短い。対流圏放射性降下物は,対流圏にとどまってから降下する粒子の細かい放射性物質で,気象条件によって広範囲に拡散する。核爆発から 1ヵ月にわたり爆発地と同緯度の地域に降下することが多い。成層圏放射性降下物は,成層圏に達したきわめて細かい粒子からなり,降下が数年間続くことがあり,ほぼ世界中に拡散する。その発生は大型核兵器が爆発した際にかぎられる。成層圏の放射性物質はやがて対流圏に移動し,重力や電気的引力によって,または雨粒のような大きい粒子に付着するなどして地表に降下する。核爆発によって形成される放射性同位元素には多くの種類があるが,成層圏まで達してから降下するのは寿命の長い同位元素だけである。例としてはセシウム137(半減期 30年)やストロンチウム90(半減期 28年)があげられる。ストロンチウム90は化学的性質がカルシウムに似ているため,食物を通して体内に蓄積する可能性があり,人間や動物の生命に重大な危険を及ぼす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうしゃせい‐こうかぶつ〔ハウシヤセイカウカブツ〕【放射性降下物】
核爆発実験や原子力発電所の事故などにより放出されて上層大気中に拡散し、地上に降下してくる放射性物質フォールアウト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうしゃせいこうかぶつ【放射性降下物 radioactive fall‐out】
原水爆実験によって生成され,大気中から降下する微細な放射性物質。死の灰,フォールアウトなどとも呼ばれる。内容としては核分裂生成物が主体で,ほかに爆弾構造物その他の放射化生成物およびプルトニウム239 239Puの爆発残渣などである。地表面近くでの爆発では局所降下物が多いが,爆発規模が大きい場合には放射性物質は対流圏をつき抜けて成層圏に達し,そこから地球全体にゆっくりと降下してくる。日本では成層圏降下物は偏西風により運ばれてくるため,日本海側で降下量が大きく,太平洋側では小さい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうしゃせいこうかぶつ【放射性降下物】
核実験などの際の核爆発によって生じ、地上に降下してくる放射性物質。フォールアウト。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうしゃせい‐こうかぶつ ハウシャカウカブツ【放射性降下物】
〘名〙 核実験や原子力発電所の事故などによって上層大気中に飛び散り、その後、少しずつ地面に落下してくる放射性物質。フォールアウト。〔新兵器読本(1959)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

放射性降下物
ホウシャセイコウカブツ
fallout

[同義異語]フォールアウト

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射性降下物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放射性降下物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation