@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放射能泉【ホウシャノウセン】

デジタル大辞泉

ほうしゃのう‐せん〔ハウシヤノウ‐〕【放射能泉】
泉質の一。ラジウムラドンなどの放射性元素を多く含む温泉。代謝機能を促進し、高血圧症・婦人病などに効く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

放射能泉
ほうしゃのうせん
温鉱泉1キログラム中にラドンRnを20×10-10キュリー(5.5マッヘ、74ベクレル)以上含むか、ラジウムRaを1×10-8ミリグラム以上を含む温泉。ラドンが30×10-10キュリー(8.25マッヘ、111ベクレル)以上あると療養泉となる。放射能泉は花崗(かこう)岩地域に多く、単純弱放射能泉、単純放射能泉と名づけられるか放射能以外の成分により「含ラドン○○泉」と命名する。日本の温泉の約5%を占め、代謝機能促進用の浴用に利用される。日本の代表的なものは山梨県の増富(ますとみ)温泉(ラドン)、兵庫県の有馬(ありま)温泉(ラジウム)がある。また、秋田県の玉川温泉はラドンのほかトロンを含み、またラジウムを含む放射性の鉱物北投石(ほくとうせき)を産出するので有名である。[綿抜邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射能泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放射能泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation