@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放心【ホウシン】

デジタル大辞泉

ほう‐しん〔ハウ‐〕【放心】
[名](スル)
心を奪われたりして、魂が抜けたようにぼんやりすること。「あまりの出来事に放心して立ちつくす」「放心状態」
気にかけないこと。心配ごとを心から払いのけること。放念。「どうぞ御放心ください」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

放心
日本では心奪われて茫然とすること。中国では憂慮しないこと。「放心!」は「心配しないで」。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

ほうしん【放心】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうしん【放心】
スル
他の事に気をうばわれてぼんやりしていること。また、何も考えずにいること。 -状態 -して人の顔ばかり視てゐたお鍋は/浮雲 四迷
心にかけないこと。安心。放念。放神。 何とぞ御-下さい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐しん ハウ‥【放心】
〘名〙
① 良心を失うこと。また、ほかのことに迷って本体を失った心。
※仮名草子・色物語(1661‐73頃)「月花をさへ、あだに見ず。みな心のいましめとする事ぞ。放心をおさむるといふは、これらをこそいふべけれ」 〔孟子‐告子上〕
② ほかに気をとられて、また何も考えずにぼんやりすること。放神。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「放心して人の顔ばかり視てゐたお鍋は」
③ 心配することをやめること。安心。放神。放念。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「一身の内を緩和し、人類の放心を求めしむるに忙はしければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放心の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation