@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

放物面鏡【ほうぶつめんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放物面鏡
ほうぶつめんきょう
parabolic mirror
回転放物面 (放物線をそののまわりに回転して得られる面) の内面を反射面とする凹面鏡。その軸に平行に入射する光線束収差なく焦点に集めるので,反射望遠鏡の対物鏡に用いられる。逆に焦点から出る光を収差なく軸に平行な光線束として送り出すので投光器の反射鏡に用いられる。同じ理由で,テレビ電波の受信用,送信用にパラボラアンテナが用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうぶつめん‐きょう〔ハウブツメンキヤウ〕【放物面鏡】
放物線を軸の周りに回転してできる回転放物面を反射面とした凹面鏡。焦点に光源を置くと平行光線が得られ、平行に入射する光線は焦点に集まる。サーチライト・パラボラアンテナなどに利用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうぶつめんきょう【放物面鏡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

放物面鏡
ほうぶつめんきょう
paraboloidal mirror

凹面鏡の一種で、表面を放物面にした反射鏡。光軸に平行に入射した光線を放物面の幾何学的焦点に集める性質がある。逆に放物面の焦点に点光源を置けば、反射光線は光軸に平行な光線となり、遠方に行っても広がらないので、サーチライトの反射鏡として用いられる。反射天体望遠鏡では対物鏡として放物面鏡を使用する。軸上は収差なく良好な結像を生ずるが、軸からすこし外れるとコマ収差が大きくなり、急激に像が悪くなる。したがって使用可能な視野は狭い。視野が大きい場合には、凹面鏡の曲率中心に補正板を置いたシュミット鏡がよい像を与える。太陽熱を集めて高温を生じさせる太陽炉にも放物面鏡が用いられるが、大型のものでは全面を放物面にすることは困難であるから、小さな部分ごとに集光し、それらのエネルギーを同一点に集める方法がとられる。日本では東北大学科学計測研究所の放物面鏡を利用した太陽炉が有名である。

[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放物面鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放物面鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation