@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

政党内閣【せいとうないかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政党内閣
せいとうないかく
party cabinet
議会,特に下院において多数議席を占めた政党基礎として組織される内閣議会政治は政党を中心に行われており,そこでは普通政党内閣が成立している。内閣は総理大臣はじめ閣僚の大部分が下院多数党所属の議員であることを必要とし,このことによって国民から選ばれた多数党としての政治的責任を果すと同時に,政策の立法化,その執行を円滑にすることを可能にしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいとうないかく【政党内閣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいとうないかく【政党内閣】
議院内閣制のもとで、議会で多数を占める政党が、その政党員を中心に組織する内閣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

政党内閣
せいとうないかく
party cabinet
政党を基礎として組織される内閣。総理大臣以下ほとんどの閣僚が議会、とくに下院(衆議院)における多数派政党の所属員によって占められる内閣である。基礎となる政党が単一の場合は単独内閣、複数の場合は連立内閣とよばれる。今日の議会政治は政党を中心に行われるため、議院内閣制をとる国(イギリス、日本など)では、内閣は必然的に政党内閣となる。議会に対する信任は、その議会に多数を占める政党の支持にほかならないからである。政党内閣の長所としては、第一に、一定の政党が選挙において公約した政策を実行することによって政治的責任を果たし(政治責任の明確さ)、国民は自己の選んだ政党(員)に投票することによって希望する政党の内閣を成立せしめうる点(民主性)、第二に、内閣が議会に多数を占める政党を基礎としているため、その政策の立法化・実施において円滑である点があげられる。
 日本における政党内閣は、1898年(明治31)に成立した第一次大隈(おおくま)内閣(いわゆる隈板(わいはん)内閣)が最初のものである。その後、大正期後半から昭和初期にかけて政党内閣が続いたが、この時期の政党内閣はいずれも陸・海両相を政党員から選ばず、外相も多くは官僚から任命し、その意味で完全な政党内閣とはいえなかった。明治憲法下での政党内閣は五・一五事件(1932)で姿を消したが、第二次世界大戦後、政党政治が復活し、議院内閣制をとる日本国憲法が制定されたため、今日ではすべての内閣が政党内閣となっている。[小松 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいとう‐ないかく セイタウ‥【政党内閣】
〘名〙 議会、特に民意を代表する下院に多数の議席をもつ政党によって組織される内閣。議会主義、政党政治を前提として成立する。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉二「漸次に政党内閣(セイタウナイカク)を設くるの準備を為すは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

政党内閣
せいとうないかく
議会の多数党を基礎として組織される内閣
イギリスなどで議院内閣制として発達。大日本帝国憲法では制度的保障がなく,1898年の隈板内閣憲政党)を除き,長く藩閥・官僚の内閣が続いた。大正期に入り民主的気運が高まり,1918年原敬(立憲政友会)が初めて本格的政党内閣を組織。ついで'24年加藤高明が護憲三派内閣を組織してから,憲政会立憲民政党)・立憲政友会が交代政権を担当する「憲政の常道」が続いたが,'32年五・一五事件で犬養毅内閣が倒れ崩壊。第二次世界大戦後日本国憲法で制度化された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいとう‐ないかく〔セイタウ‐〕【政党内閣】
政党を基礎として組織される内閣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政党内閣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政党内閣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation