@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

政友本党【せいゆうほんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政友本党
せいゆうほんとう
日本の政党。 1924年に清浦奎吾内閣成立にあたって,立憲政友会を脱党した清浦支持派である床次竹二郎一派が結成した。政友会に残留した 129人に対し,149人を擁して第1党となり,唯一の与党として,護憲三派対立。総務委員に床次 (6月以後,総裁) ,山本達雄元田肇杉田定一中橋徳五郎がなり,鳩山一郎波多野承五郎が参加した。6月に護憲三派による加藤高明内閣が生れると,床次は政友会の田中義一総裁と両党合同の申合せを行なったが実現せず,合同派の中橋,鳩山ら 22人が政友会へ走った。 26年憲政会による若槻礼次郎内閣の成立時には政友会と提携したが,27年田中義一内閣の誕生とともに,憲政会と合同して立憲民政党を結成するにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいゆう‐ほんとう〔セイイウホンタウ〕【政友本党】
大正13年(1924)立憲政友会から分裂して成立した政党。普通選挙法案に反対し、階級調和を綱領に掲げる。昭和2年(1927)立憲民政党合流

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいゆうほんとう【政友本党】
立憲政友会(政友会)から分裂した政党。1921年11月原敬暗殺後,政友会内は,第1次大戦後の不況普選運動高揚に対応して財政緊縮や普選問題の解決を企図する高橋是清総裁,横田千之助ら改造派(のち非改革派)と,積極財政・普選反対等の従来の政友会路線を維持しようとする床次(とこなみ)竹二郎,中橋徳五郎ら非改造派(のち改革派)の対立が激化した。24年1月清浦奎吾(けいご)内閣の成立を契機に,前者は憲政会,革新俱楽部と結び普選等をスローガンに第2次護憲運動を起こし,後者は脱党して政友本党を組織し清浦内閣の与党となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいゆうほんとう【政友本党】
1924年(大正13)、立憲政友会から清浦内閣を支持する一派が分離して結成した政党。27年(昭和2)田中義一政友会内閣の成立に対抗して憲政会と合同、立憲民政党を結成した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

政友本党
せいゆうほんとう
1924年(大正13)1月29日立憲政友会床次竹二郎(とこなみたけじろう)派が結成した保守政党。1921年11月原敬(はらたかし)首相暗殺後の政友会は、高橋是清(これきよ)総裁らの高橋派と床次・中橋徳五郎(なかはしとくごろう)・元田肇(もとだはじめ)らの床次派との内部対立が激化していた。24年1月清浦奎吾(きようらけいご)内閣が成立すると、高橋派は憲政会、革新倶楽部(くらぶ)と提携して第二次憲政擁護運動に立ち上がったが、床次派は普通選挙反対を唱えて清浦内閣を支持し、149名が脱党して政友本党を結成した(床次の総裁就任は同年6月24日)。残留組の政友会は129名で第二党となる。しかし同年5月の総選挙で109名と護憲三派に惨敗し、第一次加藤高明(たかあき)内閣のもとで少数野党に転落した。第二次加藤、若槻礼次郎(わかつきれいじろう)両憲政会内閣時代には一時政友会と提携したが、27年4月田中義一(ぎいち)政友会内閣が成立すると、これに対抗するため、6月1日解党と同時に憲政会と合同し、立憲民政党を結成した。その結果、政友会、民政党による保守二大政党対立時代が出現した。[木坂順一郎]
『升味準之輔著『日本政党史論 第五巻』(1979・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいゆう‐ほんとう セイイウホンタウ【政友本党】
大正一三年(一九二四)立憲政友会から清浦内閣を支持する派が分かれて結成した政党。総務委員は山本達雄、元田肇、床次竹二郎ら。昭和二年(一九二七)田中義一が政友会内閣を結成した際、憲政会と合同して立憲民政党を組織。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

政友本党
せいゆうほんとう
1924年1月,立憲政友会から分裂してできた政党(〜'27)
第2次護憲運動に際し,政友会で清浦奎吾内閣を支持して成立。床次 (とこなみ) 竹二郎・山本達雄・鳩山一郎らが中心となり護憲三派に対抗した。1927年6月,憲政会と合同し立憲民政党を結成。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政友本党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政友本党の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation