@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

政商【せいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政商
せいしょう
政治権力者と結託して受注することをとする企業家外国にも,このようなはあるが,特に日本では,明治初期から政府による官営事業の払下げ認可指定などによって大きくなった三井安田三菱住友をはじめとする特権的企業をさす。これは日本における近代資本主義が,政府による一部の特定企業の保護育成によって興ったことによる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐しょう〔‐シヤウ〕【政商】
政府や政治家と結託して特別な利権を得ている商人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

政商
明治前期、政府の殖産興業政策と結びついて大きな利権を得た資本家、商人。三井、住友、小野のように旧幕時代からの流れをくむものもあれば、三菱、安田、五代、古河、大倉のように維新期に頭角を現したものもある。財閥に成長して行くものと、没落の道をたどるものとに分かれる。「御用商人」とも呼ばれた。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

せいしょう【政商】
政商という言葉は,かなりあいまいで必ずしも厳密な学問的規定をうけているとはいえない。一般的には,政府と結びつきの強い特権商人をさす場合が多く,戦前のみならず,現在でも使われることがある。日本では歴史的には,幕末・維新期ないしは日本資本主義形成期において,明治政府の特権的な保護政策を背景にして資本蓄積を行った豪商=特権的商人ないしは〈前期的な商業資本〉をさすのがふつうである。とくに通常,戦前日本資本主義における後進国的性格を示すものとして,〈政商→財閥〉という転化形態あるいは転化過程が設定されることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいしょう【政商】
政府や政治家と結びつき、特権的な利益を得ている商人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

政商
せいしょう
幕末・維新期ないしは日本資本主義形成期における明治政府の特権的な保護を背景にして、巨富を蓄積した豪商。その前期的資本としての運動形態に着目して、政商資本という場合もある。しかし政商とは、かならずしも厳密な学問的用語ではない。最近でも、時の政府や国家権力、あるいは政策なりに密接して利益を追求する個人ないし企業をさす場合が多い。明治初期の国家財政はきわめて弱体であったから、政府は政商からの献金や、広く流通過程におけるその独占的地位を利用せざるをえなかった。三井、小野、島田、鴻池(こうのいけ)などがその好例で、彼らは江戸(東京)、大阪、京都を拠点に、生糸や絹織物などの特産物、および年貢米や地租金納化に伴う貢租米などの売買などに活躍、官公預金取扱いなどにも関係して富を蓄積した。さらに、殖産興業や官業払下げの過程を通じて、運輸業、鉱山業などを拠点に、後の財閥形成の基盤をつくりだした。明治初期の政商から財閥に転化したものに、三井、三菱(みつびし)、安田などがある。[加藤幸三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐しょう ‥シャウ【政商】
〘名〙 政府や政治家と結託して特権的な利益を得ている商人ないし企業。
※都新聞‐明治二六年(1893)一一月一七日「姓名三字の政商達を指して世間は土佐派と言ふ次第にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

政商
せいしょう
明治前期,政府の保護下に活躍した特権的御用商人
成立当初の明治政府は財政的基盤が弱かったので特権商人に依存した。また,政府は上からの近代化を進めるために,金融・運輸・鉱山などの資本家を保護し,官営事業払下げなどを行った。三井・岩崎(三菱)・大倉・五代などがその代表で,政商から財閥に発展したものが多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政商」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政商の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation