@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

政教社【せいきょうしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政教社
せいきょうしゃ
1888年4月3日,三宅雪嶺杉浦重剛志賀重昂らと設立した国粋主義団体。雑誌日本人』を刊行して明治政府欧化政策に反対し,条約改正問題では欧米屈従の態度をきびしく批判した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいきょう‐しゃ〔セイケウ‐〕【政教社】
明治21年(1888)三宅雪嶺(みやけせつれい)志賀重昂(しがしげたか)井上円了らが設立した国粋主義的文化団体。機関誌日本人」を発行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいきょうしゃ【政教社】
明治中期から大正期の思想・文化団体。1880年代後半の,政府の進める鹿鳴館外交に象徴される欧化政策と秘密外交交渉に端的にあらわれた欧米追随路線に対して,〈外政内政ともに国家みずからの立場〉をとるべきことを主張して,1888年4月3日東京府神田区に創設された。創立時の同人は,志賀重昂,棚橋一郎,井上円了,杉江輔人,菊池熊太郎三宅雪嶺,辰巳小次郎,松下丈吉,島地黙雷,今外三郎,加賀秀一,杉浦重剛,宮崎道正の13名で,おもに東京大学,札幌農学校出身の新進知識青年であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいきょうしゃ【政教社】
1888年(明治21)三宅雪嶺・志賀重昂・杉浦重剛らによって結成された国粋主義的文化団体。雑誌「日本人」などによってその主張を展開した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

政教社
せいきょうしゃ
明治中期~大正期の国粋主義者の思想・文化団体。1888年(明治21)4月3日に志賀重昂(しがしげたか)、三宅雪嶺(みやけせつれい)、井上円了(えんりょう)、杉浦重剛(しげたけ)ら13名によって創設され、機関誌『日本人』(後継誌『亜細亜(アジア)』『日本及(および)日本人』)を発刊した。欧米文化の無批判的な模倣に反対し、大同団結運動に参加して立憲主義的な政治論を主張した。政府の欧化路線・条約改正に関しては、その欧米屈従の態度に反対して対外独立の国粋主義の立場をとり、日清(にっしん)戦争の開戦世論の喚起に努めた。初期は志賀、三宅が中心であったが、98年ごろより三宅が中心となった。陸羯南(くがかつなん)主宰の新聞『日本』グループと同傾向の思想をもち、同志的関係にあり、1907年(明治40)1月にこのグループを吸収して機関誌名を『日本及日本人』と改題した。23年(大正12)関東大震災直後に三宅が離脱したため、政教社の伝統は色あせたが、雑誌は45年(昭和20)2月まで刊行された。[佐藤能丸]
『鹿野政直編『陸羯南・三宅雪嶺』(『日本の名著37』1971・中央公論社) ▽松本三之介編『政教社文学集』(『明治文学全集37』1980・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいきょう‐しゃ セイケウ‥【政教社】
国粋主義的文化団体。明治二一年(一八八八)三宅雪嶺・志賀重昂・杉浦重剛・井上円了ら一三人の同人により発足。機関誌「日本人」を創刊。明治政府の欧米文化心酔に反発、国粋主義を提唱。機関誌は、一時「亜細亜」にかわったが、明治四〇年「日本及日本人」と改題。三井甲之・大川周明らによって、第二次世界大戦中まで刊行が続けられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

政教社
せいきょうしゃ
明治中期〜大正末期,国粋主義の文化団体
1888年三宅雪嶺・志賀重昂・杉浦重剛・井上円了らが結成。'88年雑誌『日本人』,'91年雑誌『亜細亜』を発行。政府の欧化政策に反対し国粋主義を主張した。また大隈重信外相の条約改正案反対運動の先頭に立つ。徳富蘇峰民友社とともに,言論思想界に大きな影響を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政教社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政教社の関連情報

関連キーワード

チェーホフウィルヘルムウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]セリュジエ原田豊吉フランクベルナール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation