@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

政策金利【セイサクキンリ】

デジタル大辞泉

せいさく‐きんり【政策金利】
中央銀行(日本では日本銀行)が金融政策のねらいを示すために設定する短期金利。日本では無担保コールレート翌日物誘導目標金利(O/N Call Rate Target)のこと。この変動はコールレートだけでなく、預金、貸出金利長期金利などに影響を及ぼす。一般に、デフレ傾向のときは金利を下げて経済を刺激し、インフレ傾向のときは金利を上げて経済の過熱を抑える。→コール市場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集

政策金利
一般的に金融政策をリードする中央銀行が決定権をもつ金利の事で決定した金利が経済状況に大きな影響を与える事から非常に注目されています。為替レートの大きな変動要因の1つです。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版

せいさくきんり【政策金利】
市場の金利を実体経済に見合った水準に誘導するため、中央銀行が定める基準金利。 規制金利時代には公定歩合が代表的な政策金利であったが、1994 年(平成 6)に金利自由化が完了し、公定歩合と預金金利との直接的な連動性はなくなり、現在は公定歩合(基準割引率および基準貸付率)には政策金利としての意味合いはない公定歩合

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

政策金利
せいさくきんり
bank rate
景気や物価の安定といった金融政策上の目的で、中央銀行が操作・誘導目標とする金利。誘導目標金利ともよばれる。一般に、不況時は政策金利を下げることで経済を刺激し、好況時には政策金利を上げることで景気過熱やインフレを抑制する。政策金利の上げ下げは預金金利、貸出金利、住宅ローン金利、長期金利などに影響を及ぼす。政策金利は国や地域によって対象が異なる。日本では、日本銀行が以前は公定歩合(現、基準割引率および基準貸付利率)を政策金利としていたが、1994年(平成6)の金利自由化により、無担保コール翌日物の金利を政策金利に採用した。アメリカでは連邦準備制度理事会(FRB)がフェデラル・ファンド金利federal funds rateを政策金利としている。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政策金利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政策金利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation