@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

故轍・古轍【こてつ】

精選版 日本国語大辞典

こ‐てつ【故轍・古轍】
〘名〙 (「轍」は車の輪が通った跡、わだちの意)
① 以前に通りすぎた車のわだち。古いわだち。〔梁簡文帝‐中書令臨汝霊侯墓銘〕
② 前人の行なった通りの方法や様式。昔ながらのしかた。前例。
※童子問(1707)上「慎勿近世学者之故轍
※読本・春雨物語(1808)海賊「ただただ学者は古轍をふみたがへじとて」 〔陶潜‐詠貧士詩〕
③ 仏語。古の聖人の行なった行跡。古聖の軌轍。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故轍・古轍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

故轍・古轍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation