@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

教区【きょうく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教区
きょうく
ecclesiastical district; diocese
組織化された宗教が,行政と宗教的奉仕を行うために設定した単位地区。ローマ・カトリック教会では,小教区は司牧にあたる司祭がいる教会に,信徒たちが日曜日のミサに出席できる範囲である。多数の小教区の上に司教区が設けられて,普通これが教区といわれ,その統括者として司教がおかれ,教会の基本的な行政,司牧,宣教単位をなしている。教区は階層的に組織され,重要な司教区には大司教がおかれ,大司教区と呼ばれる。司教区や大司教区は,中世では世俗的にも広い地域であった場合が多い。イギリス教会の教区は,そのまま国の最小地方行政単位になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐く〔ケウ‐〕【教区】
布教や信者指導監督の便宜上設けられた区域

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうく【教区】
日本で教区という語は,パリッシュparishとダイオセスdioceseという二つの異なる語の訳語として用いられ,やや混乱している。以下パリッシュを教区,ダイオセスを主教区あるいは司教区と訳し分けて説明を加えよう。教区とは,教会組織の最小の単位であり,より上位の組織である主教区(司教区)に属している。主教区(司教区)は,その名称が示すように,一人の主教(司教)の司牧する領域である。イギリスの場合,歴史的に形成された主教区は,州といった行政区画と必ずしも一致しない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうく【教区】
特定の宗教集団によって、信仰の維持・監督をはかったり、布教をするために設定された区域。 -牧師

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐く ケウ‥【教区】
〘名〙 布教や信者の指導または監督の便宜のために設けた区域。
※その前日(1963)〈遠藤周作〉「大明村はN神父が管轄する教区だが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教区」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教区の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation