@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

教官【キョウカン】

デジタル大辞泉

きょう‐かん〔ケウクワン〕【教官】
国立の学校・研究所などで教育・研究に携わる人。
私立大学や技術を教える学校の教員。
陸海軍学校教職者。また、旧制の学校で教練を担当した軍人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうかん【教官】
特定の技能などを教える人。指導員。
教育に従事する国家公務員。国立学校の教員など。
旧陸海軍の学校の教職者。また、一般の学校で軍事教練を指導していた軍人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐かん ケウクヮン【教官】
〘名〙
① 教職に従事する官吏。特に、国立学校の教員。公立学校の場合は現在では教員と呼ぶ。
※諸藩学制‐時習館学規(1755)「右十七則臣儀承乏教官奉」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「ヒロソヒー(理学)の教官となる」 〔周礼‐地官司徒〕
② 陸海軍の学校で教職に従事する人の職名。軍人である人を武官教官、文官である人を文官教官といった。また、旧制度の中学校、高等学校、大学などで教練を担当した軍人。〔五国対照兵語字書(1881)〕
[語誌](1)漢籍では教化を掌る官吏、あるいは元・明以降、学校を管理する官吏の意味で用いられていた語。日本で、江戸時代に各藩の学校で教育に携わる人が教官と呼ばれたのは、元・明の影響と思われる。
(2)明治に入って広く使用されるようになったが、教官の「官」は文字通り、官吏組織の一部分であり、公の性質を持っているので、明治一九年(一八八六)の帝国大学令の発布に伴って、もっぱら国公立学校で教職に従事する人に用いられるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教官」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教官の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation