@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

教皇大使【きょうこうたいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教皇大使
きょうこうたいし
nuncius
ローマ教皇庁が諸外国に派遣する常駐大使で,名義大司教をもってあてる。通常の外交任務のほか,任地国のカトリック教徒に対して教皇の権限のうち特定のものを代行することができる。ウィーン会議 (1815) 以来カトリック国においては最上席大使として遇せられ,外交団長をつとめる慣例がある。臨時に教皇代理として特派される枢機卿は教皇特使と呼ばれ,慣例上大使として扱われる。教皇公使は最上席の待遇は与えられない。日本には大使が常駐している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教皇大使」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教皇大使の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation