@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

教練【きょうれん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教練
きょうれん
1913年,体操科兵式体操 (軍事訓練の教材) を「教練」と称した。 25年,男子中等学校以上に現役将校が配属されるとともに,「徳育体育ニ資益シ国防能力ヲ裨補スル」ために独立教科となったが,第2次世界大戦後廃止された。内容は歩兵操典に準じ,中隊教練程度までを実施した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐れん〔ケウ‐〕【教練】
[名](スル)
教えて熟練させること。
「善く―したる才能は」〈中村訳・西国立志編
軍隊で行う戦闘訓練。
軍事教練のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうれん【教練】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きょう‐れん ケウ‥【教練】
〘名〙
① (━する) 教えならすこと。教えて、熟練させること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「之を要するに、善く教練したる才能は、常に必ず要重なる地位に顕はるべし」 〔心書‐練習・第一八〕
② 軍隊で、軍人に必要な戦闘動作を教え、訓練すること。〔五国対照兵語字書(1881)〕
③ 第二次世界大戦以前、学校で教科の一つとして行なわれていた軍事的な教育と訓練。軍事訓練。学校教練。
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉六「彼は中学生時分、背の順に並ぶ教練ではいつもクラスの中頃に立ってゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教練」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教練の関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネットドビュッシーバルカン戦争デトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争バレーボール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation