@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

教育映画【きょういくえいが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教育映画
きょういくえいが
educational film
映画の一ジャンル。学校教育,社会教育,産業教育用に教材などとして利用される目的で作られた映画。映画は直接視覚に訴えるもので,この点抽象的な言語解説よりも,対象物を的確に認識させることができる。特に微速度撮影高速度撮影顕微鏡レントゲンなどの技術が発達して,未知の世界がいながらにして理解されるようになり,映画は教育用として大いに利用されるようになった。特に第2次世界大戦後は16ミリ映画による教育映画の制作が普及した。このの映画は一般の映画館で上映されるケースは少く,学校などの視聴覚教室,あるいは講堂,貸ホールなどで上映されることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょういくえいが【教育映画】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

教育映画
きょういくえいが
学校、社会、企業の教育目的のために製作された映画。映画のもつ特性の一つ、教育的効果を利用するものであり、記録、ドラマ、アニメーションなど形式にかかわらず広義に用いられ、非劇場用映画non-theatrical film、あるいは社会教育映画educational and community filmsに属する。
 日本では大正末期から昭和初期にかけて、16ミリ無声映写機の普及とともに盛んになった。科学映画を核としたドイツの短編記録映画シリーズKulturfilmに刺激され、その訳語「文化映画」の名称で製作された。文化映画は、1939年(昭和14)の映画法制定により、戦意高揚の国策推進目的に利用されるようになったが、『或(あ)る日の干潟(ひがた)』(1940)のような傑作もあった。第二次世界大戦終了とともに、教育改革の線に沿って第二の隆盛期を迎え、視聴覚教育の一つとして位置づけられた。また、官庁、市町村、企業などのPR映画の形をとった教育映画の製作も盛んである。テレビジョン、ビデオ機材の普及によって、教育映画の特性は多様化を示すようになった。なお、映画・ビデオ・放送などの教育メディアを活用した優れた教育実践に対して贈られる「視聴覚教育賞」(日本視聴覚教育協会主催)のほか、テレビ映像を通して地域文化の発展を考える「地方の時代賞」(神奈川県川崎市などが主催)、毎日新聞の「記録映画文化賞」などがある。[鳥山 拡]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教育映画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教育映画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation